« 働きマン第4話 | トップページ | 時代劇 »

業突張り衛門

「ごうつくはりえもん」

骨皮筋衛門で、~衛門シリーズがあったが忘れたと書いたが、ひとつ思いだしたのがこれ。

意味は、業突く張り(非常に度を越えた欲張り)という奴のこと。

あまりにもストレート過ぎて、他に転用しようがなく衰退した。

後、方言っぽいので遠州だけかもしれないが

「横着こき衛門」というのもある。

「おうちゃくこきえもん」

横着(ずるしたり手を抜いたりするなまけもの)をする奴のこと。

「する」を遠州では「こく」という。

いづれにしても、この衛門シリーズ、6文字を4と2に分割できれば語呂合わせが成立するのでいくらでもある筈なんですが思い出せない。思い出したらまたその都度書き衛門。

|
|

« 働きマン第4話 | トップページ | 時代劇 »

4・死語の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16963818

この記事へのトラックバック一覧です: 業突張り衛門:

« 働きマン第4話 | トップページ | 時代劇 »