« 大停電の夜に | トップページ | 歌姫6 »

*ばかちん

ほとんど共通語と呼べる言葉。馬鹿野郎という意味であるが、バカタレを愛嬌込めてと言うほうが幾分判り易いか?遠州固有の表現ではないのだが、らしい雰囲気はある。

「ちんぷりかある」・「お湯がちんちん」とか「ちん」という表現は確かに遠州弁には多い。ただし全て同一種かというとふんだだこたあない。

「ばかちん」という表現が頻繁に使われているかと言うとそうでもないので、世代的に幼児辺りか若しくは他の地域からの流れものか。

一般的に大人は男女問わず「ばかっつら」の使用が圧倒的に日常的である。

話しがずれるが、「レンジでちんする。」は普通として認識されるが、「ちんぷりかある」や「お湯がちんちん」とか発言すると都会人は下ネタっぽく解釈されるというのは納得がいかない話しである。

|
|

« 大停電の夜に | トップページ | 歌姫6 »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16985327

この記事へのトラックバック一覧です: *ばかちん:

« 大停電の夜に | トップページ | 歌姫6 »