« ふんでそんでなんで | トップページ | どろろ »

*やたらくしゃ

とにかくなんでもかんでも・たくさんに・滅多やたらに・無秩序に・計画性もなしにとかいうニュアンスの言葉。

とあるアニメソングの一節の

「なんでもかんでも皆踊りを踊っているよ」これを遠州弁にすると

「なんしょかんしょでやたらくしゃ踊りい踊ってるだよを」とかになる。

例文

「やたらくしゃ溜め込んで捨てやせんもんで、信じれんくらい足ん踏み場んない。」

  (なんでもかんでも溜め込んで捨てないから、信じられないくらい足の踏み場がない。)

「本人わかってるだでええだ。あ!そこふんずけちゃかんにぃ。CDのケース割れちゃうでえ。」

  (自分が分かってるからいいの。あ!そこ気をつけて。CDのケースあるから。)

「うそだらあ!普通床に置くかあ?信じれん。」

  (嘘だろう!普通床に置くか?信じられない。)

足の踏み場がピンポイントになっていれば、床であろうと充分置くスペースになりうる。そんかわし人が入るとそのルートを知る由もなく非常に危険な状況になる。やたらくしゃ人が行き来する部屋では通用しない法則である。

|
|

« ふんでそんでなんで | トップページ | どろろ »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16855237

この記事へのトラックバック一覧です: *やたらくしゃ:

« ふんでそんでなんで | トップページ | どろろ »