« 三浦友和さん | トップページ | 歌姫5 »

*はんぺた

半分というか切れ端というかとにかく分かれた物の一部を指す。中部・関東・信越辺りでは普通に使われている方言らしい。

「ぞうりのはんぺたなくいた。」(草履の片方失くした。)

と言う風に使われる。

例文

「入場券のはんぺた集めてるだか?何ん楽しいよお。」

  (入場券の半券集めてるの?何が楽しいんだか。)

「この映画観たっつーあかしじゃん。」

  (映画を観たと言う証。)

「パンフ買やいいじゃん。」

  (パンフ買えばいいじゃない。)

「高いらあ。金んもったない。」

  (高いもの。もったいない。)

「そこまでじゃないだか。」

  (そこまでの趣味と言う訳でもないのね。)

子供言葉で(はんぶんこ)というのがあるが、うちの集落辺りでは「はんぶっこ」と言う。これがよその地方でも言うのかは興味がある。

(はんぶんこにしよう。)は「はんぶっこせまい」となる。

|
|

« 三浦友和さん | トップページ | 歌姫5 »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16890811

この記事へのトラックバック一覧です: *はんぺた:

« 三浦友和さん | トップページ | 歌姫5 »