« *はんぺた | トップページ | モップガール第4話 »

歌姫5

相変わらず方言が心地よいです。遠州人なので滅茶苦茶な言葉になってるかもしれんけんど、そこはハマッてるちゅうこんで勘弁してつかあさい。

お話しは次回に続くための流れという部分があるとは言え、なんか休題閑話というか箸休めというか、土佐清水の人々のささやかなお楽しみを愉しんだって感じでいつもの回よりのんびりこんと観れました。それともそんなんじゃなくてこの世界の空気感に馴れ親しんできたのかな。今回の私の視点はお誕生パーティーで後ろの方でお呼ばれに預かってる近所のおっさん目線でした。

鈴というキャラクターは見ていて楽しいですね。前進あるのみで。それでいて太郎ちゃんの前ではそれが揺らぐところが可愛らしいです。そんな鈴を町のみんなが暖かく見守ってる感じでホントお誕生日オメデトウという感じです。だけど今回はよそいきのお洋服着たりしてましたが、普段着の方がいいなと感じたのは私だけでしょうか。

家のつくりもだんだん分かってきたんですけんど、まだ家の全体像が掴めません。結構住んでみたくなるような家なんでどういうつくりなのか気になります。

お姉さんの旦那さんは前回よりもパワーアップしてホントはったおしたくなるキャラですねえ。この人が混ざると舞台のお芝居観てるみたいになっちゃって、少し私の好みから外れてしまいます。と、いっても松にせよ充分はじけたりしてて幾分そっちの方向にいっちゃってますけんど。太郎ちゃんと鈴までその輪の中に入っちゃったら大分きついっす。

舞台と映画とテレビとのお芝居の違いがどこにあるのかというような難しい事は分かりませんが、少なくとも自然光又は自然光に似せた光の中でやるお芝居にはより人間らしい息づかいを感じたいものです。大きく見せなくてもカメラが寄ってくれるんですから自然な人間感が欲しいです。自らが強弱つけなくてもと思うちょります。

来週の予告を見る限りでは、太郎ちゃんの時間の流れに変化が起きそうで。のんびり感もここまでなんでしょうか。もうちくっと土佐清水の騒がしくも穏やかな空気感を味わいたいきに。

で、余分なお話し。

太郎ちゃんが吸うちょる煙草、フィルターがついちょるぜよ。アップの絵撮るんだったらそこいらへんを気い使ってくれると嬉しいちゃ。ってこんなこと書いてるとクレーマーと思われちゃうかしらむ。違うんですよ、ただのぶーたれですから。

|
|

« *はんぺた | トップページ | モップガール第4話 »

2・2007年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17026742

この記事へのトラックバック一覧です: 歌姫5:

« *はんぺた | トップページ | モップガール第4話 »