« *おれんとおえん | トップページ | *めえん »

ガンジス河でバタフライ前編

いんやー、どんばえーテンポ・展開であっちゅうまに終わってしまいました。この親にしてこの娘あり。確かに納得。原作があって、脚本家の宮藤さんご自身もインドにシナリオハンティングに行かれてと、絵空事でない説得力を感じます。長澤さんもヘタレに見えて「オエッオエッ!」と泣いたらケロッと復活するという、結果たくましい能天気なポジティブさがいやらしくなく出てて安心して笑えました。

考えてみればぼったくりには遭うわ詐欺には遭うわで悲惨この上ないストーリーで、その上風習や文化の違いに戸惑い、身分制度に疑問を抱くという結構シリアスな部分も載っていて、決して愉快なお話しではないんですよね。でも笑えました。あっけらかんと。

これで後半に続くわけですが、どういう気持ちでバタフライするのかまだ良く見えてないですね前半を見た限りでは。まだ罰ゲームとしてと言う感じがします。予告編を見る限りなにか吹っ切れたみたいに飛び込んでましたから後半は罰ゲームとしてではなくなにかを感じていくんでしょう多分。そこんところが見所なんでしょうか。後半が愉しみです。

それにしても、スタッフの数には正直驚きです。この人数でしかも海外ロケ。それでいて見応えのある映像。メーテレと東映の制作となっていたんですが、これだったらもっと人数充実させて映画の方がよかったかなと本心で思います(まだ後半観てないけど)。それとも少ないスタッフだからこそ一体感のあるいい映像になったんでしょうか。

あまり期待してなくて「長澤まさみ」は今年映画一本で終わりかい!とがっくし来てたんですが、もしかして今年最高の仕事がこの作品かもしんないと思えるほどいい作品です長澤ファンとしては。映画よりかエエってのは複雑ですけど。

|
|

« *おれんとおえん | トップページ | *めえん »

2・2007年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16672528

この記事へのトラックバック一覧です: ガンジス河でバタフライ前編:

« *おれんとおえん | トップページ | *めえん »