« やらまいか大使その2 | トップページ | 医龍 »

*てんこちょ

一番上というか一番先という意味。「山のてんこちょ」だと(山のてっぺん)

高さで使う。横の広がりでの一番先は「とっつき」を使う。ただしかけっこで先着(一着)したというのを「かけっこてんこちょだった。」とか「かけっことっつきだった」とかいう使い方はしない。ほぼ「てっぺん」と同じ使い方であろう。

例文

「ねえこないだ買ってきた雑誌知らん?」

「タンスん上んてんこちょに乗っかってるらあ。」

   (タンスの上に物載せてる一番上に乗っかってるでしょ。)

「なんでそんなとこしまうよー。わかりゃせんじゃん。」

  (そんな分かりずらいとこになんで片付けちゃうの?)

「床んだしっぱこいてなにぬかすよを。部屋ん散らかすよかずっかええわい。」

  (床に出しっぱなしにしといてよくゆうよ。部屋が散らかるよりよっぽどいいわ。)

なにかのセリフで「てっぺん目指したる!」とかいうカッコいい言葉があったけど、遠州弁で「てんこちょ目指したる!」といってもカッコつかんのは事実。なんか裏山の頂上みたいで高くなさそう。

|
|

« やらまいか大使その2 | トップページ | 医龍 »

1-2・遠州弁て行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16720809

この記事へのトラックバック一覧です: *てんこちょ:

« やらまいか大使その2 | トップページ | 医龍 »