« *はっつく | トップページ | *浜松ついこないだの昔話10 »

*あなぼこ

漢字で書けば穴凹。漢字で書ける位なので当然方言とはいえない。

遠州弁っぽい表現としては、あなぽこ(anapoko)・あなんぼこと言うのがそれらしく聞こえる。が多分どれも広範囲で使われてる言い回しだろうな。遠州でも使うよという事で記載。男女共用。

例文

「道んどんでかいあなぼこあいとってよー。それ知らんでけったーこいどったら、丸はまりよ。ど痛かったけど周りん人ようけおったもんでこっぱずかしいもんで、痛くない顔してちゃっと逃げてきただけど。見てみいこれひざっこぞう。すりむいて血い死んでるらあ。だあたーきた。」

  (道に大きな穴が開いていてね。それに気づかず自転車走らせてたらもー丸はまり。物凄く痛かったけど周りに人が沢山いて恥ずかしかったから、涼しい顔作って立ち去ったんだけど。見てよこのひざ小僧の辺り。すりむいて内出血してるの分かるでしょ。ド頭にきた。)

「あたーきたって、なにんおこれるよー。知らん衆らの前で恥じかいたもんでか?へんなとこん穴ぼこあってそれんはまったもんでか?」

  (頭きたってなにに怒ってるんだい?大衆の面前で恥じかいたから?それとも穴にはまったことが?)

「どっちもでえ。誰んあなぼこ開けくさっただ。ほんと怒れるう。」

  (両方にだよ。どこのどいつが穴開けやがったんだ。むかつく。)

|
|

« *はっつく | トップページ | *浜松ついこないだの昔話10 »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16849462

この記事へのトラックバック一覧です: *あなぼこ:

« *はっつく | トップページ | *浜松ついこないだの昔話10 »