« 結婚報告の記者会見 | トップページ | *たんび »

*いざり・いざる

居残り・居残ると言う意味で使われているが、古い言葉である。若い遠州人に通用するかは疑問。

「いざりにされた」となると、「置き去りにされた」と言う意味になる。

辞書によると、「もと、居去るの名詞形で足が悪くなって歩行できなくなった人」という意味らしい。大分昔の人はそういう使い方をしてたかもしれないが、私の世代の遠州弁ではそういう意味で使うことはまずない。なので深いところでは共通語と繋がってはいるかもしれないが実際の応用については別の言葉である。「お百姓さん」と一緒で人に使うと×だが自分のことで使うと○という言葉であろうか。

冒頭に記したようにまったくの別箇として考えて字も「居残る」と書いて「いざる」と読むといった方がすっきりするのであるが明確な根拠がないのであくまでも推論。

例文

「あ~あ今日も終われんわぁ。またいざりだやあ。」

  (あ~あ今日も終われない。また残業だよー。)

「おめえ何日残業すりゃあ気い済むだあ。まっと要領よーでけんだか。」

  (お前何日残業すれば気が済むんだ?もっと要領よく出来ないのか?)

「でけすかやあ。はあわしん能力超えてるわあ。やめたる!はあやめたる。」

  (出来ん!もう自分の能力超えてる。辞めてやるもう辞めてやる。)

「はいはい、がんばってくりょー。」

辞める辞めると言う奴ほど辞めないものである。

|
|

« 結婚報告の記者会見 | トップページ | *たんび »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16465571

この記事へのトラックバック一覧です: *いざり・いざる:

« 結婚報告の記者会見 | トップページ | *たんび »