« *浜松ついこないだの昔話10 | トップページ | 美女か野獣その3 »

映画監督・森田芳光「椿三十郎」を撮る

ハイビジョン特集と銘打ってあるからその再放送的な地上波放送なのでしょう。

森田監督と言うことに興味があって録画しておいたのだけれども、はたして見ていいものかどうか非常に悩むところである。

「椿三十郎」は映画館で観るつもりではあるけれども、宣伝程度ならともかく、監督やスタッフ役者さん方の想いやら願いやらがもし映ってるとしたら、自分が映画観に行って「そうかこういう風な事を目指したのか」とか「確かにそう見える」とかの先入観と言うかそう言う目で見てしまいそうでなんか厭。自分の感性を大事にしたいから、もしそういうものが植えつけられるとしたら予備知識ではなくて洗脳といえなくもないような気が。ネタバレという姑息な意味ではなくて、「これはこう見るんだよ。」・「ここの解釈はこうだよ」となると自分の感性は働かずに答え合わせに奔走してしまいそう。「監督の心客知らず」と嘆かれようとも自分の眼と感性で観たい欲の方が強い。

映画って見る前に宣伝とか情報とか見て「お!面白そう。」って直感で想うものがたまにある。結構そういうのってヒットすることが多いので私は充分一般ピーポーであると自負できるのだが、なんで面白そうって想うんだという直感の理由を説明できない。

正直な事書くと今回直感は働かなかった。でも観に行けば満足できそうな気がする。その理由は説明できる。森田監督作品だから。肩透かしはあってもハズレがないもん。

こんなことを平気で書いてる無知なる素人の自分が映画のことを良く知るためにも、見たい。見なくちゃいけない。でも見たくない。見ちゃいけない。

・・・悩む番組である。どうしよう。

|
|

« *浜松ついこないだの昔話10 | トップページ | 美女か野獣その3 »

2・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16917451

この記事へのトラックバック一覧です: 映画監督・森田芳光「椿三十郎」を撮る:

» 椿三十郎 [あわおこしにっき]
「椿三十郎(2007)」エイガドットコム森田版「椿三十郎」に無いものは、メリハリ... [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 10時33分

« *浜松ついこないだの昔話10 | トップページ | 美女か野獣その3 »