« スワンの馬鹿 | トップページ | 何を小金治 »

みいいかすかとおもって

見に行こうかと思ってと言う意味。

ここでも味噌は「いかすか」。

「せっかく鹿島の花火んやってるだでちゃっちゃと仕事かたいておっかさとガキん連れて見いいかすかと思ってるもんでえ、早よ終らまい。」

  (せっかく鹿島の花火やっているんだから、テキパキ仕事片付けて、女房子供連れて見に行こうかと思ってるんだから、早く終ろうよ。)

「~しすかと思って」~しようかと思ってという使い方は遠州ではよく使う表現である。「し」を「せ」にする場合も多々ある。

「やりいかすかと」(やりにいこうかと)

「置きいかすかと」(置きにいこうかと)

「喰いいかすかと」(食べにいこうかと)

「寝えいかすかと」(寝に行こうかと)

「勝負せすかと」(勝負しようかと)

「明日にしすかと」(明日にしようかと)

「こっちにしすかと」(こっちにしようかと)

など挙げたらキリがない。大抵「思って」が次につく。集落によっては「見いいかすと」と「か」を省くところもある。

|
|

« スワンの馬鹿 | トップページ | 何を小金治 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16463871

この記事へのトラックバック一覧です: みいいかすかとおもって:

« スワンの馬鹿 | トップページ | 何を小金治 »