« 十重に二十重に | トップページ | ヤバイと言う表現 »

役者さんって大変なんだ

宇梶さんが出ておられた回の「ホレゆけ!スタア☆大作戦」を見ました。舞台上での「イタイ話し」をされていて、ホントに役者さんって大変なんだと思いました。

のどが焼けただの釘が足に刺さっただのと、マジで「痛い」話しで、つくづく役者さんは体力勝負なんだと。精神的な演技というものに加えて、女性だったら恒に美しく、男だったらなにがあっても舞台にて最高を目指し、かつ呑んで人間観察・演劇に対するディスカッションと様々な健康を維持しなければいけないのですから。普通の仕事だったら内面も外面もと両方気を使う必要がないし呑んだって接待か憂さはらしてりゃいいだけなのだから。

それになによりイメージなんていう訳の分からん他人の決め事にも時としては従わなくちゃいけないんだからホント大変だと思います。

そういう人達が作り上げていく作品に対して弩素人がお気楽に素っ頓狂な意見書いて勝手にブログなんぞに載せるなんて図々しいというか厚かましいというか恥知らずというか。そんな気になります。

でも言い訳としては、お芝居って素人にあてたものですよねえ。下請けのプロが大企業のプロに評価されて商売が成り立つ世界ではなく、プロが素人に評価されて成り立つ商売ですよねえ。いくらプロの評論家の方が高い評価をしたとしてもナントカ賞の対象になるくらいで直接的なものではないですよねえ。常連さんという鑑賞のプロだけに向けたものではないですよねえ。

悪口は書かないよう心掛けますし、商売の邪魔もいたしません(私には影響力なんてないけど)ので何卒お許しを~。と新たに誓う思いがしました。

|
|

« 十重に二十重に | トップページ | ヤバイと言う表現 »

2・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16565319

この記事へのトラックバック一覧です: 役者さんって大変なんだ:

« 十重に二十重に | トップページ | ヤバイと言う表現 »