« 突入せよ!あさま山荘事件 | トップページ | まあまあまあそういわすとお »

眞島秀和さん

SGでさえないあんちゃん役をされて「運命じゃない人」では親に忠実なおっかないやくざ屋さん。Cmでは「味の素ほんだしのおかず日記」で宮沢りえさんのおだやかな旦那さん、「トヨタパッソ」では加藤ローサさんに「演歌なんて聴くんだ」といって慌てさせる憧れの人役と、幅の広さを感じる方なんですが「突入せよ!」でも若き正義感みなぎる警官役を演じられていて、派手さはないんだけどいい人オーラを出してて気になる役者さんなんですよね。

他にもあるのかと調べたら、そうそうそういえばそうだったって感じで「フラガール」・「踊る大捜査線レインボーブリッジを封鎖せよ!」とかにも出演されててくどいようだけど目立たないけど役に違和感とか無理矢理感がなくて、前に出張ることだけが役者さんの仕事じゃあないんだなあと実感する次第です。

そんな眞島さんが矢口・鈴木組の「ワンピース」の「07’夏コレクション」に出演されているというのをPFFのサイトで知って、観たくてしょうがないんですわ。「ワンピース」といえば両監督と両監督のお友達俳優さん達がああたらこうたらしながら自主制作で作られている間口というか見る側がはまる人ははまる、はまらない人はどつまらんというある種マニアックな作品なんですけれども。特徴的に思えるのは非常に男女という性を意識しない横並びのお友達というイメージを抱くところなんです。それと人物の背景や感情というものも極力省いたような見る側に感情移入をさせない傍観者的な距離を私は感じるのですが、とにかく素なのか演技なのか判んないホントにどこにでもいる普通の人って感じの何気ないお芝居でつくられていて、実際の人付き合いのように本当のところは何考えてるのか内面が読み取れない人ばかり出てきて、そういう作品に出てくる眞島さんってどんなんだろうと言うのに興味があるのですわ。

田舎もんにはDVD以外観る方法がないので是非とも出て欲しいと願うばかりです。後、「ワンピース評論家」緒方明監督の評論も聞いてみたいし、矢口・鈴木両監督のオーディオコメンタリーも聞いてみたいものです。ってなんか主題が眞島さんからワンピースに移っちゃったみたいだけど、勘弁しておくんなまし。

追記

2008.1/28

年が変わっても相変わらず眞島さん検索でお越しになられる方が多く恐縮です。眞島さんの情報についてはBoBAさんや松重豊さんのブログにお二人と眞島さんが同じ事務所と言う縁でたまあに眞島さんが出てられてますのでご参考までに。サザエさんもどきのギャグ辺りを見てると仲の良い事務所の雰囲気が窺えますです。

2008.3/1、以前その2と云う記事を書いたんですが整理するためこちらに追記としました。2007,11/23の日付の記事であります。

今朝見たニュース?で28日に発売されるレッドリボン?のAIDS予防のチャリティーに関するCDの発売ということが紹介されていた。

そのプロモーションビデオに、多分というかおそらく眞島さんが出演されていた。(違ってたらごめんなんしょ)

今日は夜から「海峡」の2部が放映されるし、何気ないというか気づかないところで活躍されてて一種の秀和を探せゲームができそうな気がしないでもない方であります。

私ごときのブログにもお越し戴く方の検索ワードで「眞島さんプロフィール」で来られる方もおいでですので、知る限りの(前記事に重複しないで)情報を載せさせていただきます。

1976年山形県生まれ(米沢か?)映画に関しては、1999年季相日監督作品「青~chong~」主演でデビュー。「out」・「美しい夏キリシマ」・「昭和歌謡大全集」・「cosmic rescue」・「69 sixty nine」・心中エレジー」・「ロスト・マイウェイ」・「村の写真集」・「血と骨」・「グレイハウンド」

テレビではNHK「ハート」・「アンフェア」フジテレビの「犬神家の一族」

Vシネマでは「真・雀鬼」の11と12

ま、ここいら辺はwikpediaの方が詳しいんでそちらを。基本SGのDVDの特典に記載されていた情報です。

スウィングガールズ(通称SG)のDVDには出演の他に方言指導もされて尚且つ出身地でのロケということもあって、2枚組みの方の映像特典のメイキングでのコメンタリーで矢口監督とまったりとした会話をされています。その中で2004年当時は冬になると家から電話がかかってきて雪かきしに実家によく戻られたそうですが最近はお忙しくなって無理になってきたんでしょうか気になるところではあります。別のDVDSGのファースト&ラストコンサートでは劇中で唄われたバンドシーラカンスの一員としてステージトークと歌を披露されてます。歌手として食べていけるかというと、んー?という感じですが人柄が温和で役に入るとテンションが変わる方だと想像できます。

海峡についてはジェームス三木さんの脚本とはいえちと重い内容なので一話ごとに書いてるとどよよんとしたものしか書けないような気がするので、エンディング見てからでないと感想が湧かないということで、とりあえず今日のお愉しみということにしとります。

個人的には矢口組の常連さんで活躍して欲しいなあと思ってる役者さんです。

2008/5/12

昼のドラマの「花衣夢衣」にも出とらした。昼ドラは男が見ていい領域ではないので見とりませんです。でも予告編チラリと見た限りじゃ海峡の時に雰囲気が近かったかな。当然所変われば品変わる。お話が違うので被ってるということではないのですけんど。最近またこの記事のアクセス結構あるのはこのドラマに起因してるのかと。

|
|

« 突入せよ!あさま山荘事件 | トップページ | まあまあまあそういわすとお »

2・映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16489341

この記事へのトラックバック一覧です: 眞島秀和さん:

« 突入せよ!あさま山荘事件 | トップページ | まあまあまあそういわすとお »