« *ぼっこい・ぼっこく | トップページ | *しがつら »

*ひゃっこい・ひゃっこく

以前と重複するが「冷たい」・「冷たく」という意味である。

「すいかひゃっこくしてあるでたべない。」

  (すいか冷やしてあるから食べなよ。)

「夏でも洞窟ん中入るとひゃっこいできんもちいーだよ。」

  (夏でも洞窟の中に入ると冷たいから気持ちがいいんだよ。)

「客来る窓口はひゃっこいだに客来ん裏の事務室入るとドカンとするできらい。だであんまし何回も出入りしたあない。用は一回で済む様にしとくりょ。ほうでないと体おやいちゃう。」

  (客が来る窓口は涼しいけれど客が来ない裏の事務室にいくと暑くてムッとするから嫌だ。なのであまり何度も行ったり来たりしたくない。用事は一度で済む様にしてくれ。そうでないと体調悪くしちゃう。)

機械とお客にはこれでもかと冷房かけまくりだが、中で事務や作業をする人には経費節減という印籠を見せびらかす。「人は石垣人は城」なんて夢の世界。労働組合が強かった時代は多少歯止めがかかってたけど、今、過去の遺物の社会保険庁の体質を見ると諸手を挙げて昔は好かったなんて言えず痛し痒しでもある。

心が冷たくても「心んひゃっこい」とは使わない。心は「心んつべたい」か「心んつんめたっ」が普通であろう。

|
|

« *ぼっこい・ぼっこく | トップページ | *しがつら »

1-2・遠州弁ひ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16459542

この記事へのトラックバック一覧です: *ひゃっこい・ひゃっこく:

« *ぼっこい・ぼっこく | トップページ | *しがつら »