« えこひいきした道 | トップページ | トタン屋根の家 »

*かが抜ける

普段の使う意味としては、炭酸飲料を暫く栓を抜いて放置し炭酸が抜けてしまう状態の事を意味する。これが遠州弁なのかは定かではない。

「この炭酸飲料どんだけ出しっぱなしにしとっただあ。ひゃっこかないしかが抜けてうまくもなんともないわ。つーかまずくて飲めやせん。」

  (この炭酸飲料どのくらい出しっ放しにしてあったんだ?冷えてないし炭酸が飛んで美味くもなんともない。っていうか不味くて飲めたもんじゃない。)

「なんで人んの飲んじゃうよー。かあ抜かいてみかん水にしようかと思って置いといただにぃ。」

  (なんで人の飲み物飲もうとするんだ。炭酸飛ばしてみかん水にしてから飲もうと思ってたのに。)

「かあ抜いたってみかん水になんかなりゃせんわあ。」

みかん水が全国的な飲み物かどうかは知らないが炭酸の入っていないサイダーだと認識していた。お子ちゃまに本物である三ツ矢サイダーのシュワシュワはきつく、かといって振れば飲み口から泡と共に溢れ出るし手の周りベタベタするので、暫く放置プレイするのが一番妥当だった。ストローでぶくぶくやると怒られたし。子供だったのでそれを待つだけで時間を費やしていて、出来るまでのもどかしさや出来上がった味を思い描いたりしたりしていた。ただし一度ほかの事に気をとられると完璧に忘れてしまうのだが。高校生くらいになってから以降は何か他の事をやりながらのながら族になっていって一つの事に時間を費やす贅沢をしなくなった。

かが抜けるの「か」はなんなのか。明確な正解はわからない。私は気化の「化」ではないのかなと踏んでいるのだが、はたしてどうだろうか。

|
|

« えこひいきした道 | トップページ | トタン屋根の家 »

1-2・遠州弁か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16463948

この記事へのトラックバック一覧です: *かが抜ける:

« えこひいきした道 | トップページ | トタン屋根の家 »