« *だあれ・だわさ | トップページ | えこひいきした道 »

柔道

そもそも柔道は他流試合を禁じて発展してきたものと記憶している。読み物や映画などでも姿三四郎が他流試合を禁じられていたにも関わらず応じてしまって騒動になった逸話が有名だけれども。

「こんなの柔道じゃない。」のならば、柔道ではない国際大会に出るべきではないのではないか。剣道や合気道など他の武道のように自己の研鑽・鍛錬で自らの精神性を高め人としてある域に達する事が究極の目的であるならば、勝った負けたに一喜一憂を賭けるスポーツから距離を置いた方がスッキリするような気が部外者の門外漢からみてそう思う。

現実的には色んな歯車が噛み合いどれを停めていいのか判らないくらい複雑怪奇になっているんだろうけど。そしてありえない妄想だけれども、もし国内組織が袂を別つようにそれぞれの流派として分裂するくらいなら潔く組織全体として武道の道に方向を向けたほうが日本人らしい気がする。

そこまでスポーツ柔道と柔道は別のものになってる気がしました。

|
|

« *だあれ・だわさ | トップページ | えこひいきした道 »

4・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16474216

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道:

« *だあれ・だわさ | トップページ | えこひいきした道 »