« そおいやあそーだった | トップページ | 浜松ついこないだの昔話6 »

*そうだっけか

そうだったっけという意味。すっとぼける・しらを切るように聞こえるときがある。

例文1

「あれ?この道来た事あるような記憶があるやー。デジャブーか?」

「なにょうこいとるよー、ど忘れん激しいにも程んあるにぃ。引っ越す前の小学校ん時通ってたらあ。はあ忘れただ?」

  (なに言ってるよ、度忘れが激しいにも程があるよ。引っ越す前の小学校で通学路で通ってたじゃない。もう忘れたの?)

「そうだっけか。忘却とは忘れ去ることなりってこういうこんか。」

  (おやそうだったっけ。忘却とは忘れ去る事なりとはこういう事か。)

「こ難しいこんこいてケムん巻くなあ。ぼけるにしたって10年早いわ。」

  (難しい事言って煙に巻くな。ボケるにしても10年早いわ。)

例文2 病院で禁酒を宣告された旦那と普通に元気な酒好きの奥さんとの会話

「もー、ボトル勝手に飲んだの誰よもー。あれほど飲んじゃかんっつっただにぃ。又あんただらあ。」

「わしじゃあらすけー。なんでわしだっつうよ。つうかなんで誰か飲んだなんて分かるだ?」

「あんたねー、見りゃあ分かるじゃん。ほれえ見てみい明らかに昨日よりか減ってるら。」

「おー減ってるのー確かに。だでなんでそれでわしん飲んだって決めつけれるだ?」

「とぼけるのもいい加減しなよー。あんた以外に誰ん飲むっつーよお。」

「わからんよお。どろぼー入って飲んでったかもしれんし子供ん試しに飲んだかもしれへんじゃん。」

「言ってて虚しくない?ええかげんにしんとほんと怒るにー。」

「・・・ごめんなんしょ。」

「あやまりゃ済むと思ってんの。ほれ、こないだなんつったか憶えてるらあ。」

「なんか言ったか?」

「今度迷惑掛けたらいいとこのめし食いいかしたるっつったじゃんか。今日連れてきなよお。」

「そうだっけか。」

|
|

« そおいやあそーだった | トップページ | 浜松ついこないだの昔話6 »

1-2・遠州弁そ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16337539

この記事へのトラックバック一覧です: *そうだっけか:

« そおいやあそーだった | トップページ | 浜松ついこないだの昔話6 »