« *もる・もおる | トップページ | 眞島秀和さん »

突入せよ!あさま山荘事件

2002年公開作品 脚本・監督原田眞人さん 撮影阪本善尚さん

さん付けが適切かどうか分からないけど敬称略するほどの勇気なし。

出演陣も豪華で、書いてたらキリがないので気になる方にはスイマセンです。

印象としては、なんか日本の映画じゃないみたい。洋画というか米国映画観てるみたいです。そして巨大な組織が動く時のもっさり感が出ててリアルです。

実際の事件・実在の人物、しかもまだ生臭い歴史としてでなく記憶に新しい現実の体験世界の中での描写。この事件を歴史上とする人からの視点では書けませんのでそういう方にはちんぷんかんぷんかもしれませんが。

一人の人質を救い出すために何人の警察官の血が流れるんだ?という問いかけが作品中で問われてたけど、当時は悪逆非道は許すまじ正義の為なら命を賭けることになんの躊躇あらんやって感じで見られていたという記憶が残ってます。とにかくどのチャンネルひねってもこればっかりでしかもCmも飛ばしてたような記憶があって、かといってNHKの教育ひねるほどすねてた訳でもなかったので、結局見入ってました。

動かない画面でひたすら番組をひっぱっていったテレビ局の苦労は、ほぼ野次馬の視聴者にはあまり届いたとは言えなかったんですが、この映画を観て白鳥の水中の美しくも無いもがきがあって水上の犯人逮捕という栄光に繋がっているんだという事を納得しました。NHKのプロジェクトXでも同事件を取り上げられたことがあって、この映画とは違う視点というものも見れて、ある意味関係者の方々には大変失礼だとは存じますが、映画としてのお約束を守りながらリアルとを共存させたエンターテイメント作品だと思ってます。

県警と警視庁の対比や特徴の色分けは赤組白組にきちんと明確すぎるほど明確ですし、その象徴である煙草というアイテムの使い方などはリアルと言うよりもドラマとしての面白さですし、白龍組社長のキャラクターもどこかしらアメリカ人っぽいような気がしますし。あと凍ってほどけない靴紐を溶かすシーンの役所さんのお芝居は苦悩を通り越した人間の精神状態というものを見事に表現していて、ドラマじゃなきゃ見れないシーンとして印象深いです。

逆にリアルだなあと思ったのは、記者会見での記者とのやり取りのシーンです。そういう場所に遭遇した事は勿論無いんですが素直にそうなんだろうなあと思いました。突撃シーンもそうなんだろうなあと思って観てました。

お芝居の上での存在感は、宇崎さんがお気に入りです。串田さんと山路さんも印象に残りました。あと高橋和也さんの物凄く危うい人間の演技も印象深かったです。群像劇として画全体にうねりや息遣いが聞こえてきそうな位集団という塊の表現は隙が無くて好きです。役者に遭いたい一心で集まるエキストラのやっつけ集団とは明らかに違う質の高さを感じます。結構群集と言うか後ろがイマイチだとしらけるんですよね。この作品にはそれがないのでどのシーンでも集中が途切れることなく観れました。

監督の原田眞人さんは「狗神」の監督でもあり、市川昆監督の金田一シリーズのような日本の持つ因習や情念といったとても日本的なテーマの映画も作られていて振り幅の広さを感じるんですが、何故かこのあと「ラストサムライ」に役者さんとして出演されているという、良くわかんない人です。ヒットメーカーとしてもうちっと作品をぽこぽこ出して欲しいものです。

脱線話しですが、プロジェクトXでカップヌードルを取り上げた時のお話しなんですが。この事件の現場で用意されてた弁当があまりの寒さに凍り付いてしまって歯が立たない。そんな時カップヌードルを美味しそうに回し食いしてる警察官の映像がテレビに流れて、以降認知度が一気にアップして売り上げが伸びたという逸話をプロジェクトXでは番組で紹介していたんですが、DVDになった時にその逸話が削除されてました。映画ではこの逸話は存在してるんですが、事実は立場によって都合のいいものと悪いものがあるようです。

|
|

« *もる・もおる | トップページ | 眞島秀和さん »

3・映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16495620

この記事へのトラックバック一覧です: 突入せよ!あさま山荘事件:

« *もる・もおる | トップページ | 眞島秀和さん »