« *ぶんぶん | トップページ | なまかー »

*をた(おた)

「をたこいてんじゃねえよ」

冗談ゆうんじゃないよ、といったところでしょうか。使い方によって言葉のニュアンスが変わる、或る意味便利な言葉です。

「こんのぉ忙しいのに、をたこいてんで仕事しろやー。」

  (この忙しい時に無駄口叩いてないで仕事しなさいよ。)

というように不真面目という意味にも使える。この場合軽くたしなめる感じになります。これを洒落にならない感情的な表現でいうと

「やー馬鹿っつら。遊んどらんでちゃっちゃと仕事せろやー。」

  (おい!真面目にやれ!)

と、今やってる事を全面否定した上での注意になるので言われた方は立つ瀬がない。

勿論口論ではきつい言葉になります。

「おー?てめえをたこいてんじゃねーぞこの野郎。」

  (やい、なに訳の分からん事いってんだ?)

理屈に通らない事・矛盾した事・自分勝手な事などを意味することになります。相手の言うことに同意できない・聞く耳持たないという意思表示でもあるので、この言葉がでたらキーワードは「衝突」です。迫力という点では「さっきから何ごちゃごちゃぬかしとんねんワレ!」には遠く及びませんが、一応喧嘩腰の表現になります。

「ねーねー○○さんとこの旦那さん浮気しとるだって。聞いた?」

「どこで聞いただか知らんけどそんなをた信じてちゃかんて。」

  (どこで聞いたのか知らないけどそんな与太話信じちゃ駄目だって。)

この場合は、でたらめ・根拠の無いいい加減といった意味合いになります。

最近ではヲタクという言葉ができて

「そんなをたこかれてもついてけんよー。」

  (そんな専門的なこと言われてもわからないよ。)

と言う風に、ディープな内容と言う意味合いも使われ始めました。(まあ正確にはおたなので別物かもしれないんですが。)

幅広い意味合いを持つ「をた」ですからもしかしたら全国的な方言で遠州独特ではないかもしれません。ただし、言葉のニュアンスが全国とは異なるらしく遠州では他愛の無いことであることがほとんどですが、地域によってはいわれの無いいいがかりと捉える地域もあるようですので意味的な部分は遠州弁と云えるでしょう。

|
|

« *ぶんぶん | トップページ | なまかー »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15986447

この記事へのトラックバック一覧です: *をた(おた):

« *ぶんぶん | トップページ | なまかー »