« *はぶせ | トップページ | *~ない »

出口のない海

2006年 佐々部清監督作品

戦争映画というよりも戦争の中を生きた人を描いた作品と言うイメージが強いです。非戦と言うよりも被戦を感じます。

人の心を見続ける時代遅れの侠を目指す佐々部監督らしい作品なのでしょう。でもそれなりに登場人物たち自身の生への自分なりの正当性を、監督はやさしく享受し過ぎていて、傍目からみてはじめて分かる、戦争という個の意思ではどうしようもない集の流れに翻弄されてしまう傍若無人な空気感までも正当化の言い訳を理解しようとしてしまってるようにも見えてしまいます。どうしようもないんだと。ただタイミングと運だけで生が決められているんだと。

皆精一杯生きてるんだからその人生を暖かく見るという佐々部監督の顔に似合わぬ優しさが垣間見られる訳ですが、漠然とした今にも泣き出しそうな大きな黒い雲も描いてその対比した矛盾を強調したほうが私みたいな素人には判り易かったです。アリの大群のように寄せ来る敵艦艇の数、それに対する帝国海軍の皮算用。小さなことから一歩ずつなんて状況じゃあない現実の目の前。それらが絡み合う虚しさが合った方が有り難かったです。まあ敵を描かない事によって内面をしっかり描ききることに専念されたんでしょうけど。

どこかのHPのこの作品についての書き込みで、「主人公のあの死に方」というものに疑問をもったという記事を読みましたが、回天を物語として語る上でこの出来事ははずせないでしょう。映画では学徒動員兵(志願はしてるけど)の事故として描かれているなど史実に比して大きく着色されていますが、史実は職業軍人であり回天の提唱者でもある黒木大尉(殉職後少佐)の事故であり、その死の直前まで冷静に且つ克明に記録を残し武人としての誇りを知らしめた逸話からのものでしょう。本作では自身を省みる時間として綴られています。ただ艦内での自身の人生の清算を描く比重が、実際に出撃した時の緊張感よりも幾分軽く見えたのかもしれません。この話しを知っていたかどうかで映画に対する感想が変わるのはもったいない気がします。幼い頃にこの話しを題材にしたドラマを見た記憶がかすかに残っていて、何かを成す男の命を賭した生き様としてかくあらんと謳っていた作品と記憶に残ってます。本作とは大分異なる主題だったので違和感はありますけど。

それにしてもあんな操鑑が難しく訓練にも高度な知識を要するのには驚きです。私の知能では搭乗できません。しかも特攻と言うことで人を使い捨てにするのですからもったいない話しです。民族の存亡で負けたら大地に人住まずという状態に追い込まれるのならどんなに馬鹿げたことでも考え付く限りの事はしなければいけないんでしょうが、当時の人はみんな本当にそう思っておられたんでしょうか。

書いてて思ったんですが、「もったいない」がえらく多い文章になってしまいました。でも最後にボールは投げられたのですからきちんとキャッチしないともったいないですよね。

剣崎中尉役の高橋和也さんと戸田航海長役の田中実さん、お父さん役の三浦友和さんがけれんがなくていい味でてて好きです。SGファンの私としては上野樹里ちゃんも気になる所ですが、基本戦場の野郎のお話しなのであくまで控え目ということでよかったんじゃないでしょうか。

|
|

« *はぶせ | トップページ | *~ない »

3・戦争活劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16221944

この記事へのトラックバック一覧です: 出口のない海:

« *はぶせ | トップページ | *~ない »