« だっくそ | トップページ | 全県往来 »

バイクの呼び名

ダックスのことを「だっくそ」と呼んでいたが、別にこれだけじゃなくて、MRは「いもあーる」・ミニトレ(ヤマハGT50)は「ちびとれ」ホンダホークⅡは豚みたいだと「ポークⅡ」とか呼んでいた。勿論自分のバイクが可愛いから他人のバイクをコケにするための愛称なので、自虐的な奴で無い限りは自らの愛車のことをそう言っていたわけではない。

そんな他愛のない優越感を競ってた中でホンダがCB400FOURを世に出した時の「そりゃあ街中大騒ぎさ」というのを思い出した。

最初「なんか音がしないバイクらしい。」という話から始まり、「マフラーが集合管で左右の見た目が違うらしい。」とか「売り惜しみしてて台数が少ないから見ること自体奇跡に近い。」などなど噂話に尾ひれがつきまくって、そりゃもう大騒ぎって感じだった。俺は見たぜと言う奴がいればそう仲よくないくせして、皆で「どんなだった?」って聞きに行ったくらい幻のバイクだった。

とにかく走る・止まるが決まってて、しかも注目度抜群。こいつぁあスゲエや。でもタケー!ということでみんなの意見がまとまった。で、誰か買うのか?と言う話しになるとだあれも挙手なし(高校生だから当然)。ま、そんないいバイクなら時代に関わらず残るだろうからいつか買えるだろうというまとめになった。呼び名は「フォア」と決めてた。ガンダムが世に出る前の話しなので「フォウ」・「シャア」とかと聞き違える心配はなかった。

大分時が経って、教習所で何代目かあとのCB400に乗ったことがある。多分名前だけ継承して中身は進化と言う名の別物なんだろうけど、モーターみたいな感じのするバイクだった。格闘という言葉とは無縁の乗り物だった記憶が強い。でもエンジン音は聞こえたし左右の違いは別のバイクに見えるほど劇的でもなかった。

結局私の周りでCBに乗った奴は750はいたけどそれは「バリバリ伝説」の影響を受けての動機で(そいつは今ハチロクを探してる)この当時の想いを実現させた奴は今だいない。バイク乗りがエクスタシーを感じる一つとして、思わず振り返る熱い視線と言うのがあるのだが、今も「フォア」はその輝きを持ってるんだろうか。なにせ未だに見たことがないに等しい幻のバイクだから実感がない。何故かと言うと400と謳ってるけど408ccで泣く子も黙る大型免許でないと乗れなかったからやたらとタマが少なかったから。

|
|

« だっくそ | トップページ | 全県往来 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16294998

この記事へのトラックバック一覧です: バイクの呼び名:

« だっくそ | トップページ | 全県往来 »