« なまかー | トップページ | 田舎者と名乗る訳 »

*そんかわし

「その代わりに」が変化したもの。標準語ではないがどこでも使ってる方言(?)。遠州でも使っているということで。説明は短いけど、そんかわし例文長めで。

けっして「損をかわしてる」とかいう意味ではない。

例文 とある幼い姉妹のおやつ時の会話

「あっちゃんにさあこれあげる。そんかわしそれちょうらい。ええら?」

  (あっちゃんにこれあげる。そのかわりにそれ頂戴。いいでしょ?)

「なにそれ?これ欲しかったんなら、最初っからそーいやあいいじゃん。」

  (なんで?これが欲しかったんなら、選ぶ時にそう言いなさいよ。)

「だってえ、どっちにしょうか悩んどったら、あっちゃんあっちゅう間に決めちゃうだもん。しょんないら。」

  (だってどっちにしようか悩んでたら、あっちゃんがあっという間に決めちゃったんだもの。しょうがないでしょ。)

「なに言ってるよーはあ遅いしー。口つけちゃっただもーん。替えれんよー。」

  (えーもう遅いよ。口つけちゃったよーだ。もう替えられないよ。)

泣き出す妹。泣き声を聞いてとんでくる母親。(とんでくるというのは駆けつけるという意味)

「もーほんとにー。あっちゃんなにやったよー。あんたお姉ちゃんだら?もー、ちゃんと妹の面倒見んとかんだにー。」

  (ほらあ、あっちゃんなにしたの。お姉ちゃんでしょ?ちゃんと妹の面倒見ないと駄目でしょうに。)

「だってえ、こいつとろとろしとってどっちにするだか選べれんだもん。だもんで先にとったらやっぱそっちの方がいいだなんてゆーだもん。」

  (だってのろのろとどっちにするのかずっと悩んでるんだもん。待ってられないから先に選んだら、やっぱりそっちの方が良かったって言うんだもの。)

「替えてやりゃーええじゃん。そんくらい。お姉ちゃんだでしにゃかんだにぃ。」

  (替えてあげればいいでしょう。お姉ちゃんなんだからそれくらいしてあげなさいよ。)

「だってえ・・・・・」

その後、当然お姉ちゃんも泣き出すという光景になる。あっちゃんにしてみれば妹が生まれてからずっと続いてる矛盾だらけの悔し涙である。妹は泣けばなんとかなると思ってる計算された涙で、お母さんはもーどーせーっちゅう(どうすりゃいいのよ)育児ストレスで泣きそうという、涙涙の感動も終わりも無い永遠に続くドラマ。

だからといって避けてしまったら子供は我慢にも理不尽にも堪えられないとんでもない我儘な大人に育ってしまう。そんかわしきっちし兄弟姉妹の荒波を乗り切った人間は一人っ子よりも強く逞しく育つもんであろう。 

|
|

« なまかー | トップページ | 田舎者と名乗る訳 »

1-2・遠州弁そ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15988453

この記事へのトラックバック一覧です: *そんかわし:

« なまかー | トップページ | 田舎者と名乗る訳 »