« 鬼太郎が見た玉砕・水木しげるの戦争 | トップページ | 浜松ついこないだの昔話2 »

*おうじょうこいた

意味は往生した・大変だった・苦労したという意味合いになる。

共通語でも立ち往生したとか往生際が悪いとか使うので「した」が「こいた」になってるだけの表現ではあるが方言チックに聞こえるからあら不思議。

多分愛知から流れてきた言葉であろう。遠州でも意味は通じるが「やっきりこいた」・「あったーきた」(頭にきた)があるので使う人はすけない(少ない)。

Dr・スランプでの登場人物で王城恋太(漢字自信なし)というキャラが登場してたが、全国的に笑えたのか知りたいところである。浜松ではニヤリと受けていた。恋太の兄弟親戚で王城星矢とか椎也とかがいるかどうかは定かではないがいても不思議じゃないかなと。

名古屋話しつながりでいうと「たあけ」(たわけ)が愛知の方では会話でよく出るが、遠州は「馬鹿」・「ばかっつら」があるので「たあけ」は広まっていない。なので「たあけ」と言われると素直に腹が立つ。名古屋の人が遠州で仕事をするような時には注意が必要な言葉である。

|
|

« 鬼太郎が見た玉砕・水木しげるの戦争 | トップページ | 浜松ついこないだの昔話2 »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16039530

この記事へのトラックバック一覧です: *おうじょうこいた:

« 鬼太郎が見た玉砕・水木しげるの戦争 | トップページ | 浜松ついこないだの昔話2 »