« *ねぐさる | トップページ | 視点は多い方がいい »

*いごく・いのく・のく

「いごく」漢字にすると「動く」

「よし!はまった。これでいごくら。」

  (よし!はまった。これで動くだろう。)

「ほんとにぃ?なんか信じれんだけど。」

  (本当かよ?なんか信じられないんだけど。)

「ええでスイッチおしてみない。」

  (いいからスイッチ押してみなよ。)

「おお!いごくいごく。」

  (おお動いた動いた。)

「ほれみっせーちゃんといごくら?」

  (どうだあ、ちゃんと動くだろ?)

「いのく」は当て字で「居退く」と書けば分かり易い。自然と移動するのではなく、なんらかの力が作用して(強制的に)移動するというニュアンスで使われることが多い。

「あれえ?変だやあ。」

  (あれ?おかしいなあ。)

「なんでえ。どうしたよー。」

  (ん?どうかしたの?)

「それがさあ、このつくええ、なんか知らんがいのいてる気んしん?」

  (いやね、この机なんだけど、なんか移動してる気がしない?)

「気のせいだら。いのくんしたって誰んいごかすっつーよ。」

  (気のせいじゃない?移動したとしても誰が動かすっていうんだ?)

「のく」は「退く」立ち退くの「退く」である。

「退く」は共通語だが使い方が、「のけもん」(除け者)の「除け」とごっちゃ混ぜになった感じで使われている。

「はよのけやー」

  (早くどけ!)

「なんでのかんとかんだあ。駐禁じゃありもしんに。」

  (どうしてどかさなきゃいけないんだ。駐車禁止じゃないだろ。)

「屋台通るだで邪魔くさいだあ。」

  (祭りの屋台が通るから邪魔なんだよ。)

「ちょっとまっちくりー、ほいたらそん前んこれのけんとかんで。」

  (ちょっと待ってね、それならその前にこれをどかさないといけないもので。)

「てめえしょろしょろしとるとぶっさぐるぞ。すぐのけ!」

  (てめえぐずぐずしてるとぶん殴るぞ!すぐどけ!)

浜松祭りの時期は凧と屋台が一番偉い。なので理不尽な言いがかりであっても凧と屋台の邪魔になると判断されたら例え正論であっても却下される。他所から観光で来た人に対してもそうなので注意が必要である。お客の前でエエとこ見せようなんて気はさらさらないので観光客を集めるためのイベントでは決して無い。

あくまで想像であるが遠州弁における「いごく」は「いのく」(居退く)と「うごく」(動く)がごっちゃ混ぜになってしまった表現なのではなかろうか。

|
|

« *ねぐさる | トップページ | 視点は多い方がいい »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16139542

この記事へのトラックバック一覧です: *いごく・いのく・のく:

« *ねぐさる | トップページ | 視点は多い方がいい »