« *をた(おた) | トップページ | *そんかわし »

なまかー

未だ映画が公開中とはいえ、27時間テレビも終ったので、はあええら(もういいでしょう)。

最初テレビの西遊記を見たとき、「なまか」というフレーズを多用してた事に少し引いてしまった。遠州弁で「なまかー」という言葉があってその意味する所は(なまけもの・ぐうたら・なまぬるいことばかりやる奴・中途半端な奴)である。

なので孫悟空が「なまか」をあまりにも連発するので、三蔵法師ご一行は怠け者の集団なんだと思えてきて、明らかに普通の日本国民が抱くイメージと異なる印象を感じてしまった。どういうことかというと、三蔵法師がなまけもの三人を叱咤激励しながら旅をするという設定で孫悟空は三蔵法師にもなまけもののススメを毎回していくというお話しという感じである。なのでテレビの最終回でのエンディングで、経典よりもなまかを選んだ時、そうかお師匠さんも「なまかー」になったんだと変に納得してしまった。

まあ救いとしては、最近の若い人が使うことはなくなった言葉なので視聴率や映画の興行には影響がないということでしょか。いずれにしても、新語をつくるということは、難しいことだということですなあ。全国津々浦々くまなく新語として認知されるほどの言葉はそうはないということなのでしょう。ちなみに私は周りから「なまかー」と呼ばれているので三蔵法師と旅をする権利を有してます。当然何の役にも立ちませんけど。

|
|

« *をた(おた) | トップページ | *そんかわし »

2・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16003122

この記事へのトラックバック一覧です: なまかー:

« *をた(おた) | トップページ | *そんかわし »