« *いっちゃなんだが | トップページ | さよならクロ »

井の中の蛙大海を知らず

あくまで言葉遊びです。冗句です。

「意の中で買わず大枚をはたく」

欲に任せて衝動買いばかりで、本当に必要とするものを考えて買わないとお金がいくらあっても足らないというお話し。

「意の中で買わず大金を知らず」

欲に任せた衝動買いばかりしてると金が貯まらないよというお話し。

本来の意味は、井戸の中にすむ蛙は海の大きさを知らない。

出自は「荘子」らしい。

「お山の大将」とか「上には上がある」みたいな小さくまとまることなく世間知らずを恥じ大きな視野を持てという教訓ともとれるが、皮肉っぽい解釈をすれば、蛙が海に行く必要はなく、井戸という場所だからこそ気分よくトップに君臨できて幸せなのだから、安住の地を見つけ身の程を知り背伸びをして生きないことが寛容だと説いているとも読める。勿論後者は私の勝手なこじつけであって本来の意味ではない。

|
|

« *いっちゃなんだが | トップページ | さよならクロ »

4・変形改造ことわざ・慣用句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16213824

この記事へのトラックバック一覧です: 井の中の蛙大海を知らず:

« *いっちゃなんだが | トップページ | さよならクロ »