« *汽車と電車 | トップページ | 山おんな壁おんなで見たいもの »

*ずっこい

ずるいという意味の遠州弁。他には「ずっけー」・「どずるい」・「馬鹿ずるい」が良く使われる。

例文  何かの大会に出場するのでその応援にきた人と出場する人の会話

「よし、まだ時間あるみたいだで、みなの衆いかざあ。」

  (よーし、まだ時間があるみたいだから、皆いこうぜ。)

「うーどこいくよー。」

  (えー?どこに行くの?)

「どこ行くって、せっかく信州きただで蕎麦くわんでどうせるだあ。だで食いいくだあれ。」

  (どこに行くって、せっかく信州に来たんだからお蕎麦食べないとね。だから今から食べに行くんだよ。)

「どうせるだあって、ずっこいやあ。わし置いてくだか?」

  (食べないとねって、ずるいよ。私は置いてきぼりなの?)

「会場から勝手にいごいちゃかんだら?心配せんでも、おんしゃの番までにはちゃんと戻って来るでええって。」

  (会場から勝手に出ちゃまずいんでしょ?心配しなくても間に合うようにちゃんと戻ってくるから大丈夫だよ。)

「そういう問題じゃありもしんに。じゃ、わしも蕎麦食べたいだっつー話し。」

  (いや、そういう問題じゃなくて、私も食べたいんだけど。)

「そんなん知らすかやー。おんしゃと違ってわしらただの応援だもんで食いもん用意してくれてちゃいんだらあ?だもんで、外食いいくしかありもしんに。」

  (そりゃあ無理でしょ。あなたは食事用意されてても、私達応援の人には用意されてないんでしょ?だから外へ食べにいくしかないんだから。)

「ほいじゃお持ち帰りしてくりょー。終ってから食うで。」

  (それじゃあ持ち帰りにして持ってきて。終ってから食べるから。)

「なにこいとるよー。打ちたてでなきゃ旨くありもしんに。意味無いであきらめい。」

  (なに言ってるんだ。打ちたてでないと美味しくないから意味無いでしょう。あきらめなよ。)

「わし」と言っても年齢性別に関わりなく使うのでそこはお間違いなく。ただし色気づいてる年齢の衆らは恥があるらしく使うのは珍しいのが現状である。

「~っこい」と言う表現は他にも「ひゃっこい」(冷たい)・「けっこい」(綺麗)・「ぼっこい」(ボロイ)「ちっこい」(小さい)などがある。共通語にも、粘っこい・どっこいどっこいがあるので、「~っこい」が遠州弁だということはないが、前に付く言葉が独特ということであろう。これが、共通語としては死語になっているが遠州ではまだ生き残っているのか、独特に変化発達しているのかは知る由もない。

|
|

« *汽車と電車 | トップページ | 山おんな壁おんなで見たいもの »

1-2・遠州弁す行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15784496

この記事へのトラックバック一覧です: *ずっこい:

« *汽車と電車 | トップページ | 山おんな壁おんなで見たいもの »