« *はざす | トップページ | 誰か作ってくんないいかなあ »

*いやったい

意味が二種類あってひとつは、「いやったい」共通語だと(いやらしい)という意味になる。しかし、「Hな」と言う意味ではなく、不愉快だ・不自然だ・わざとらしい・気持ち悪いという意味である。

もうひとつは厭という手前の感じで、得意じゃないとかどうも苦手の一歩手前とか気乗り(ヤル気)がしないとか渋々とかいった意味。嫌じゃないけどどうもねというような状況で使われる。共通語に直すと適当な言葉が想い浮かばないけれど「嫌っぽい」か?「気が重い」というのもニュアンスが近いには近い。

例文  普段人付き合いに無頓着なKさんと云う人から、思いもよらず戴き物をされていぶかる人達の会話。

「なんか知らんが、いやったいだよ。」

  (よく分からないけど、気味悪い。)

「なんでえ。どうしたでえ。」

  (どうかした?)

「いや、それがさ、Kさがさあなんか知らんが映画のただ券くれただよ。」

  (いやね、Kさんがどういう訳か映画のただ券をくれたんだ。)

「おおそりゃ珍しいこんもあるもんだの。Kさがあ、くれたあ、おめえにぃ。」

  (へー、それはまた珍しいねえ。Kさんが君にねえ。)

「だらぁ?そんなこん今までしたこともありもしんに、なんで急にあいそいーだか。ホントいやったいと思わん?」

  (だろう?今までこんな事なかったのに、どうして急に愛想よくなって・・・。なんとなく不気味なの分かるでしょ?。)

「思う思う、そりゃ確かにっ。なんか後ろめたいこんでもあるだかねー。」

  (確かにそうだよね。何か後ろめたい事でもあるのかねえ。)

「そう思うらー?でも思い当たる節んないだよぉこれが。」

  (そう思えるでしょ?だけど心当たりがないんだ、これが。)

初志貫徹。いつもと違うと周囲の人間は気になるものである。しかもどちらかというと人付き合いの基本として悪い方(気をつけないといけない事)をまず先に想定するから、無神経な親切心が仇になることもあるというお話。どうも・結構な・ありがとう等の言葉の裏読みの機敏に長けるには場慣れが必要でしんどい話しである。そういうことに疲れたら陰で悪口言って憂さ晴らしってとこでしょうか。悪口言われない人なんて、この世に一人もいないんでしょうね。

突き詰めると、いやったい話です。

|
|

« *はざす | トップページ | 誰か作ってくんないいかなあ »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15720797

この記事へのトラックバック一覧です: *いやったい:

« *はざす | トップページ | 誰か作ってくんないいかなあ »