« 言い訳 | トップページ | なんか、面白い »

*馬鹿・小馬鹿・へ馬鹿

最近の日常会話ではあまり使われなくなったような気がするこの使い分け。特に「へ馬鹿」はもうほとんど使われていない。そもそもこれが遠州弁かどうかもあやしいのではあるが。

なので記憶のイメージで書く事になるので、もし間違ってたら御免なんしょ。

「馬鹿にする」は特に説明なし。

「小馬鹿にする」は、見下すような。

「へ馬鹿にする」だと、笑いものにする。

逆で、自らの意思で道化みたいなことをして笑われる(笑わせるのではない)場合は、「お馬鹿」と言う。似た言葉の「ひょんきん」(ひょうきん)はとんでもない事をしでかしたり言ったりする場合に使うことが多いので共通語にすると(馬っ鹿じゃないの)というニュアンスに近くなる。

度を越えた馬鹿と言う表現は、「ど馬鹿」と言うが、この「ど」が度か弩(弩級)いずれが当てはまるのかは定かでない。因みに「バカ馬鹿」という表現も確かに遠州では存在する。発音は(baKA BAka)となる。

|
|

« 言い訳 | トップページ | なんか、面白い »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15823077

この記事へのトラックバック一覧です: *馬鹿・小馬鹿・へ馬鹿:

« 言い訳 | トップページ | なんか、面白い »