« なんだかなあ2 | トップページ | *しんだか? »

ホタルノヒカリ

なんか珍しく物欲・所有欲のない登場人物が主役のドラマです。

男子には良くある設定ですけど、女の子というのは珍しいと思うんですけど。叶うならば、こういう生き方も悪くないぞというお話しなら嬉しいんですけど。でも多分そうじゃなくて、干物女と揶揄されるくらいですから恋をきっかけにそういう生き方から脱出して普通(今時の)の生き方に変わって恋が成就するというお話しなんでしょうかねえ。大分意識的にオヤジ入ってるし。

目覚めて輝いて行くってのがテーマなんでしょうが、私には今でも充分人間らしく生きていて輝いているようにも見えなくも無いのです。東京という大都会の中でなんの誘惑にも惑わされず心穏やかになれる場所を持ち日々を過ごせるなんて贅沢な気がするんですけどねえ。むしろ周りが主人公に影響されて穏やかに生きる方法を見出してゆくってテーマもありだと思うんですが。

まあ原作があるみたいですから、逸脱することは出来ないでしょうからただ単なる戯言ですけどね。しかし心安らげる場所が庭と縁側というのは魅力的でそう思わせてしまう力を感じます。ホント住んでみたい家です。ドラマのテーマから逸脱した見方なんで最後まで見ないかも知れないんですけど、綾瀬はるかさんと藤木直人さんの掛け合いも面白いので結構愉しめそうです。

因みに第一話のシーンで好きなところは後半バーでの「私か?」とナレーションが入る部分辺りです。

*ホタルノヒカリ2

第二話にして早くも仕事を家に持ち帰るという、生活スタイルに変化が起きてしまった。自分の為に生きるより誰かの為に生きるほうが生きがいがあるのは理解してるけど、偏屈な私とすれば、以前のまま(ドラマ上ぐうたらを誇張してるのが気になるけど)でいいような気がする。

それよりも、部長が感化されて変化して人物としての視野が広がっていくというストーリー展開の方が面白いのかもしれない。藤木さんって今までの役、野郎からみても何考えてるのかわかんないくらいお人形さんキャラばかりだったけど、なんか今回初めて人間味のある喜怒哀楽を見せる役のような気がする。当たり前だけど追っかけしてる訳じゃないから出演作全て観てる訳じゃないけど、あくまでイメージとして。テレビドラマのこの年代役って、最近谷原章介さんの一人勝ちのような感じがしてたけど、このドラマが成功すれば藤木さんも並ぶのかな。

できれば干物女と揶揄されようがそのままのライフスタイルでお話しが続いていって欲しい。何度も書くけど、物欲や所有欲などの文化的欲望というものに捉われない幸せというものがあってもええじゃないか。漫画の「とりぱん」程のスローライフとまではいかずとも、ハードな仕事とスローな生活とを毎日きちんと切り替えて両立させて生きるという生活スタイルが否定されなくてもいいような気がする。

原作を読んでないし、今のところ読みたいとも思わないので原作での主人公がどう流れていくのかは知らないけれど、テレビドラマにおいては、干物女からの脱出が俗世の生き方に戻るという流れだけは厭だなやはり。

*ホタルノヒカリ3

いやあ笑えるわ。

綾瀬さんにコメディエンヌの素養があるなんて知らなかった。なんかシリアスばっかだったから。コメディなお芝居では、上野樹里ちゃんとか柴咲コウさんは攻撃的な感じがあるけど、綾瀬さんからは受動的なイメージを受ける。そういう意味では部長(藤木さん)や山田姉さん(板谷さん)の存在が物凄く効いてるような気がして、単純にコメディとして愉しんだ方が面白いのかもしれないと思えてきた。間とかテンポ感がよく、ボケ具合がちょっとわざとらしいけどコメディに対する天然のセンスがあるんじゃないのかとさえ思えてしまう。勿論あくまでちゃんとお芝居された上なんでしょうけど、そういう風に騙されていてもなんか厭じゃない。

親爺臭い独り言や安来節など少しやりすぎのように思えるところもあるけど、綾瀬さんにしても藤木さんにしても今まで見たことのない新しい面が確かに見えていて、しかも相性がいいのか真面目な部分と笑える部分の切り替わりもスムーズで無理が無い。

個人的には、干物女と揶揄される生活ペースを肯定したいので、自分を隠したり取り繕ったりしないで、こういう自分でもいいと言ってくれる人を探してくれた方が私的には好きなストーリー展開ではあるけども、それはそれ、これはこれで分けて見れば結構愉しめるような気がする。

ただ気になるところは、内面(うちづら)と外面(そとづら)の使い分けが回を重ねるごとに崩れていってしまって、シャキっとした社会人と安穏な私人の境界線が曖昧になりすぎてるような気がする。仕事もきちんとこなすから許せるキャラクターだからそういう部分をはしょらずに見せて欲しいものです。

でもとにかくこの勢いでドラマが展開していくのは楽しみですわ。

けど健康のためやりすぎには注意しましょう。

そうそう忘れてた。部長の甚平もなんかいいんですよね。職場ではびしっと背広姿でクールなだけに、家で落ち着くって感じが良く出ててそのメリハリが。マンション住まいじゃ合わないですもんね甚平は。あの家には人を和ませるなにかがあるんでしょうかねえ。この空気感はドラマが進んでも変わらないで欲しいです。

*ホタルノヒカリ5

4は欠番にしました。テレビと言う無料視聴の作品に対して不平不満を書くことはしないと自分のルールとして決めてるので。まあ希望と批判は紙一重なんで私の勝手な判断なんですけどね。

そういう言い逃れを駆使して言うと、4に関しては、「アホ」じゃ困るんです。家でまったりすることによって精神の安定を維持する。そして恒に新たな気持ちで仕事に臨んでいたライフスタイル。それを壊してまで好きな人のために仕事を家に持ち帰ってた癖に、デートに遅れる理由がアレじゃあもう「アホ」としか言いようがありません。デートしなれてないから場所に迷うとか、も少し説得力のある遅延の理由をつけて欲しかったです。そうでないと人格を疑われても仕方が無いような気がするんですが。あれでは仕事も出来ると言う設定までにも説得力が欠けてしまうんじゃないでしょうか。蛇足の追い討ちで差し入れのビール、片手でひょいひょい持ってたけどあんな軽い訳ないですよね。ウキウキ気分を表現するためにリアル感を犠牲にするのはいかがなものかと。綾瀬さんの一所懸命が感じられるだけに大にも小にもバランスが気になるところです。

なので4は?ひたすら????だったので欠番にしました。(って書いてるじゃん)

で、5なんですが、部長とホタルの不可思議な関係を愉しむ事にしました。もうホタルの生き様をとやかく見るのは止めました。「こいつ、なかったことにしようとしてるな。」という部長の心の中でのぼやきには笑えました。「早く着替えろ!行くぞ。」というセリフにはダメ押しで笑えました。藤木さんは聞き役がうまい人というイメージがあっただけに、ホタルの独白を親身に受けてるのかと思っていての「早く云々」ですからねえ。見事に裏かかれました。

綾瀬さんはセカチューや白夜行での山田さんとのコンビが印象に強いんですが、山田さんも攻撃的というよりも受動的なイメージがする役者さんなので、同じタイプの藤木さんとの相性がいいのかもしれないですね。しかも部長と言う上からホタルを見るという受身一辺倒では済まないポジションを維持しなければならない訳ですから、部長と同居人という公私のバランス感覚の切り替えが問われる筈です。いまのところホタルと違ってそこいら辺は破綻して無いところが、この作品を面白いと感じるところでしょうか。

それにしてもこの二人ってどういう関係なんでしょうかねえ。少なくとも両者とも異性を意識してないことは分かるんですけど、隠し事を持たないというのは人として相性がいいんですかねえ。どこで見たのか覚えがないんですが、この二人が結ばれるってのもありじゃないかって書いてあるのを見ました。まあたしかにアリだなあとは思いますが、最終回どこに着地するんでしょうこの二人。

でも、部長って優しい穏やかな人なんですねえ、風呂場に閉じ込められて置き去りにされても諦めて帰ってくるのをひたすら待つなんて。私だったら風呂場の窓から出るか引き戸強引にはずして(怒り狂ってたら叩き割って)出ますけどね。そういう点は野郎視点じゃないので共感しにくいですけど。原作知らないんですが、脚本の方も女性の方みたいだし、女性から見たある種の幻想の具現化されたのが部長というキャラクターなんでしょうか。ついていけない部分は若干感じます。

*ホタルノヒカリ6

面白いですねえホタルと部長の愛すべきキャラクターが相変わらずで。それと心の内をナレーションで表現するというのもはまってますし。6話で面白かったのは、デート後の手嶋さんからのメールをホタルが自分で見れなくて部長に代読して貰おうとケータイを放るシーン辺りでしょうか。この二人の関係性はホント見ていて笑えますしなんか落ち着いて見れるんですよね。

でも、ホタルが「アホ」じゃなくて見てる私が「アホ」なんでしょうか。部長が不覚にも酔って無意識に帰るとすれば自分の家でしょう普通。ホタルの家である理由がよく分からないんです。だから隠れるのはホタルの方なんじゃないのかと。それと、本気の恋の始まりは、相手に嫌われたくないから、相手に合わせよう好かれようとするから、場数を踏んでいようがいまいが十人十色で過去の経験は関係ないような気がするので、デートが不器用になる理由が別に干物女で恋愛さぼったつけだという事には、これほど直接的に繋がらないような気がしてしまう私は、やはり世間とずれてる「アホ」なんでしょうか。部長だってホタルや二ツ木さんには本心を言えるのに奥さんには言えてないし。

綾瀬さんが今まで演じてこられたキャラクターは、よく言えば一途な、悪く言えばマイペース。なんか裏表がなく、誰に対してもどんな場所にでも自分がぶれない。だからどんな境遇でも出来事に対しても変わらない芯の強いキャラクターを多く演じてこられた印象が強いです。それだけにウチと外の二面性を厭味なく使い分けれるかが重要になると思えるホタルというキャラクターは初めての挑戦に近いんでしょうか。綾瀬さんの作品全部見てるわけじゃないのでなんともいえないんですけど。なのだろうけど、なんか回を重ねるうちに二面性のメリハリが失われていってるような気がするんですけど。それとも見てる側が見慣れてしまって気づかなくなってきているのか。藤木さんの部長が家と職場とできっちりメリハリついてるのでそこんとこが何故か気になっちゃうんですよねえ。批判してるように聞こえたとしたら違うんですごめんなさい、期待してるんです。

くどいようですが、私は原作を知らないので、ドラマの始まりと回を重ねた今とでいうとどちらが原作に近いキャラクターなのかというのは気にはならないんですが、コメディエンヌの方向性を意識しすぎてホタルのキャラクター設定にぶれ若しくは変更があるように感じてしまうんです。プロの方達が作られているのですから全て計算された上のことでしょうから最終回に向けてのすべてが伏線なんでしょうけれども。それにしても恋をしただけでコロッとこうも生き様・思考回路が変わるなんて凄いお話しです。さてさて終わりをどう締めるのか見ものです。

なのでもう黙って見る事にします。これ以上自分の「アホ」を暴露するのもアレなんで。勿論最後まで見ますよこのドラマ面白いから。

*ホタルノヒカリ7・8

最終回まで黙って見てるつもりでしたがやっぱし面白いんでああたらこうたら感想残すことにしました。そういう優柔不断なとこが雨宮と同じ人種だと暴露してるようなもんですが。

7夜

部長に何か言われた時のホタルの「ハッ」っていう返事が小気味良くて好きです。「馬鹿にしてんのか」と普通感じるんですが何故かおちゃらけにならないのが不思議です。でも大分言葉で色々二人の人間性を確認するかのように話してましたねえ。後半に向けての中締めって感じでしょうか。私としては「なにもいうな分かってるから」っていうパターンの方が好きなんですけどね。あえて口に出さずとも。

はっきりと確認を口頭で示すってことは、今後大きく場面展開していくのか、判りずらい部分を単に整理しただけなのか、とにかく8に続くってことでしょうか。

8夜

結局自分を変えられず、ありのままの自分を好きになって欲しいですか。矛盾の塊で人間らしいといえば言えなくもないけど。やはりなんか方向転換したような感じがしないでもないです。蓼食う虫も好き好きで、好きな相手の全てを知りたいという欲望は誰にでもあるものでしょうが、見せ時というのがあるでしょう普通は。そういう意味では恋をおろそかにしてたつけが今まわって来たってことでしょうか。そう勘繰るとよーでけた展開ですよねえホントに。でも電話で告白した時はセーフなのに予想外の遭遇にはアウトというのは判りづらい話しです。部長と親しげな事に対しての反発というのであれば理解できるんですが。

いずれにせよ、次回の予告編での手嶋の態度を見る限り、理由がどうあれ口も利かないというああいう態度をとった後に関係が修復した事は私は一度もなかったので、もし戻るとしたらこれでどうやって戻れるのか見てみたいものです。できればうそ臭くなく。まあ部長との暮らしがだらだらと続くってのもアリですからそれでもいいにはいいんですけどね。

*ホタルノヒカリ9

「世の中には二種類の人間がいる」ってそのフレーズ私の記憶が確かなら映画「スウィングガールズ」であったよなあ。厳密には「世の中には二種類の人間に分けられる」だけど。

まあそんなヲタ話しは置いといて、手嶋とヨリが戻りましたねえ。周りの応援と言うか手助けで。無事ハッピーエンドで良かった良かった・・・て訳でもなさそうですねえ。部長って奥さんの時もそうだけど失って終って初めて分かるの繰り返しみたいじゃないですか。ホタルが人生生きてく上での「アホ?」かと思ってたんですけどもしかしてぶちょおの方が「アホ?」

これで映画ネタの引用がらみで、「卒業」みたく略奪愛で決着をみるってことになったら、「プロポーズ大作戦」でやられた分のお返しってことになる訳でそれはそれで予想外の展開だけど変に納得できるなあ。勿論冗談です。

でも急に区画整理の立ち退きで家が無くなるってのは強引過ぎるお話しです。実際そうして家を立ち退いた経験者から言わしてもらえばの話しですけど。まあファンタジーというよりファジーなドラマなんでこんな事に目くじら立ててたらキリがないんですけど、この愛すべき家があるからこそのホームドラマなのにそれをとっぱらってしまうのは正に帰る家を無くす寂しさを強く感じます。ひと夏の忘れられない想い出としてで、永久に続くハッピーエンドにならないのは残念です。ぜひ逆転劇を期待するものです。

あそうそう納得のいくヨリの戻り方を見てみたいって7・8の時に書きましたけど、和解までの道筋の理屈は分かるけど、職場の同僚というより親友じゃなきゃできない後押しのような気がしました。いくさ場である職場における人間関係じゃない。そういう意味じゃ現実的じゃないなと。まあこれもファジードラマとしてみれば許容範囲に入れたほうがよさそうですけど。

これであと2夜どうなるのかと思ってたらこれって全10話なんですねえ。しかも当日バレーボールとかで放送時間の変更アリで。録画セットに気をつけないと、失敗したら後悔しそう。

*ホタルノヒカリ10

役者さん「綾瀬はるか」の本領が発揮された夜でしたね。手嶋と別れてからの夜の会社でぶちょおに感情を発露するシーンはまさしくといった感じでした。孤独を感じたときに誰かに助けを求める表現の綾瀬さんは上手いと思います。決してリアルっぽいさりげなさは無いけれど、それでいて抑えが効いていて暴発の一歩手前みたいで、引き込まれます。でも、違うシーンで「雲好」とか「洟空想」とか言うのはちょっとやりすぎだと思います。

エンディングは他人の恋を一所懸命応援したぶちょおへのご褒美と考えればあれですけど、野郎目線からいけば自身は恋愛に対して何もアクションしてないのにと、「棚から牡丹餅」みたいに思えて羨ましいぞこの野郎と思わずにはおれません。絶対世の中こんなご褒美が天から降ってくるなんてことはありえませんから。

最近のテレビドラマの傾向からして、15分拡大ということは、合格OKという評価ですよね確か。悪役または敵の出ない夢みたいな非現実のドラマでしかも壮大・意外・緻密な展開でもないストーリーの作品で、私みたいな人間でもぶつくさいいながらも結局最後まで愉しんで見れたのは役者力によるものだと想います。干物女と格好良くいってますけど一歩間違えればぐうたら駄目女なんですから、根っこが可愛い綾瀬さんだから許せるんでしょう。それにやはり藤木さんとの掛け合いがなんといっても愉しかったことが最大の魅力でした。

武田真治さんの役は、部署の中枢・場の盛り上げ役・同僚への親友代わりの行動などなど、なんでも屋さんみたいで色んなことを背負わせすぎのような気がしました。まあ山田姉さんにも同じ事が言えなくもないけれど、嫁に行く前からみんなのお母さんって感じでこれってご本人幸せと感じられてるんでしょうかねえ。お二人とも上手い役者さんだからこそ無理に見えずにこなせたんでしょうけど・・・。

綾瀬さんはシリアスな部分は最終夜に見せてくれたけれども、コメディエンヌとしての才も魅せてもらったし、藤木さんの色男だけじゃなくいい大人も演じられる幅があるのを知ったし、なにより干物族が世に出たことが「面白いドラマ」と感じた理由でしょうか。また綾瀬・藤木コンビのドラマ見てみたい気がします。

書き忘れもろもろ

ぶちょおが風邪をこじらせて寝込んだ時、ホタルがベッドの中にもぐりこもうとしてきた事に気づいた時の藤木さんの表情が印象的でした。病人のリアクションじゃないだろうとツッコミいれつつも、もう若造ではなく大人の表情に感じられて(部長職が板についてんだからもっと早くに気づけよというボケはあるけど)、この人は長く役者さんとしてやっていけるんだろうなあと感じました。色んな個性的な役に挑戦されて幅を広げられるよりも、このまま悪役商会じゃないや善人商会のままで三浦友和さんみたいな役者さんになるのがいいんじゃないかなあと。あくまで個人的な意見ですけど。(決してホレゆけ!スタアの藤木さんを否定してる訳ではありません。)

人付き合いが面倒で一番神経を使うからこそ、そこからエスケープしたくて近所付き合いも恋も干物化すると思うんですけど、ホタルはぶちょおの命(頼み)とはいえさほど苦も無く町内会の防犯パトロール出てたのは、もしかして「プチ引きこもり」と「干物」は違うんだと言ってるんでしょうか。具体的に他にもどう違うのかもう少し色々と提示して欲しかったです。

いずれにせよ、奇想天外なありえない架空の絵空事ならいざ知らず、自分も含めて現実に干物族が増えている以上、うそ臭いファジーな展開ではなく思わず「アイタタ」と思わせるほどの現実感(リアル感)で物語が語られてくれた方が、より私の好物でした。この作品の綾瀬さんのホタルってそういう意味では悲劇が重なっても悲壮感を感じないキャラクターとして成立しているし、藤木さんのぶちょおも「お前なぁ」と」いいつつも温かい目で見守る優しさが見えていたので、大丈夫だと思ったんですが。

お二人の純粋なファンではないので結構感じたままに書きなぐった部分もあり、藤木さんと綾瀬さんを真摯に応援される方にしてみれば不快に感じられる部分もあったかもしれませんが、それでも広い心で当ブログにお越し戴き感謝申し上げます。

特に同性という馴れ馴れしさもあって藤木さんに対しては「アンタなんかには言われたくない」みたいなことも書いたかもしれませんが、(いつも男の役者さんのことを書くとそういうリアクションがあるので)なんの影響力もない私ごときの書き込みに目くじらたてないでいてくださる藤木さんのファンの方は他と違うなあと実感する次第です。

*ホタルノヒカリの家・2007/09/14

ドラマ「ホタルノヒカリ」に出てきた家がお気に入りです。なんでだろうと番組何回か見直してみました。あくまで個人の理由のメモみたいなものなので賛同を求める訳でも訴えかける訳でもありませんのであしからず。

*廊下

玄関入ってすぐ折れる廊下。廊下はやはり角を曲がるもの。廊下と壁はセットで存在して欲しい。通路としてだけでなく部屋を分ける用途がある。玄関抜ければ一面大広間で生活空間全てが見通せるつくりではなく、部屋ごとに暮らす人間によって空間の趣がことなる家が好き。ドアや障子や襖で隔てるだけなんて好きくありません。

*お勝手場

トタン屋根が魅力です。夏はくそ暑いんですが、雨の打ち付ける音、風の叩きつける音を実感できる雨の日がいとをかし。詩人でもないのに情緒豊かな気分にさせてくれる雨の日にぼーっとしてみたい。ただしホントうるさいくらい音がしますから台風なんか来たらたまったもんじゃありませんけど。それに陽は通しませんから実際は塩ビ?のトタンででないとドラマほど明るくはならないですよね。ブリキのトタンでなく塩ビ?だと錆びなくていいんですけど音が柔らかくなって情緒半減ですから。まあ好みはありますけど。

*食事用のテーブルが置いてあるスペース

ガラスはめ込みの屋根で陽をこれでもかという位浴びるスペース。居間より一段下がった感じの床と木のテーブル。大人数で住むと言うより2・3人で丁度という空間。家族団らんでというよりも、ぶちょおの黙々と食うというのがはまる大人の食卓って感じでそれとなくお気に入り。

*洗面所

風呂場のシーンが無かったのでどんなお風呂なのかは想像するしかないですが、洗面所の全体漆喰みたいなねずみ色した壁は実体験はないんですが、いいですねなんか。昔よく見たタイルというのも最近は見なくなってなんか懐かしいし。

*その他

やっぱ畳ですよね。寝っ転がるなら畳ですよ。ホタルが独りで住んでた時畳の部屋の方を選んでますが私でもそうします。

蚊に食われない設定は流石ドラマですが、蚊取り線香のぶたさんがアイテムとしていて欲しかったし(あったけど気づかなかっただけかもしれない)、もっと欲言えば蚊帳が出てきて欲しかった。

全体的に豪華な家じゃないのがいいですよねえ。柱にしたってゴージャスには見えませんから庶民のレベルの洒落た家って感じで。

テレビドラマ観て住んでみたいなんて思った事は滅多にないので、そういう意味ではぶちょおがホタルの後押しで立ち退きで家潰すなんて言った時は「うそだろう?」と思いましたし、ホタルが再び戻ってきたくなる気持ちにも共感できたし、第三の主役はこの家だと考えています。なんでもそうですけど古いものは手入れが大変なので愛情がなければ維持できませんけど、映画やドラマなら映像としてずっと残るから楽して愉しめるので有り難いことです。

猫は人に懐くのではなく、家に懐くものだと昔聞いたことがあります。多分ホタルは猫系の人なんでしょうね。もしこの家がなくなってしまっていたら、ぶちょおとの関係がエンディングのようになっていたのかは非常に疑問です。

|
|

« なんだかなあ2 | トップページ | *しんだか? »

2・2007年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15776036

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルノヒカリ:

» 藤木直人 wikipedia 関連最新情報 [藤木直人 画像・動画 最新情報ブログ]
ホタルノヒカリドラマのテーマから逸脱した見方なんで最後まで見ないかも知れないんで... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 17時29分

« なんだかなあ2 | トップページ | *しんだか? »