« 浜松は田舎で困るよお | トップページ | *いけしゃあしゃあ »

*奥さん、おいでる?

奥さん、いらっしゃりますか?

奥さん同士の会話の枕詞みたいなもので、家族の人に所在を尋ねるだけでなく、直接本人を目の前にしてても「奥さんおいでる?」で会話が始まる。

つまり、忙しい主婦同士「今暇?」・「今ちょっと話をしていい?」という問いも意味として含んでいるらしく、「こんにちは」・「今日も暑いねえ」という挨拶の前に使う。

野郎はこういう意味合いの使い方はせず、単純に所在の確認の為に使う。

例文

「奥さんおいでる?」

  (奥さん、いまちょっと暇?)

「いやっ奥さんこないだありがとね。あんないいもん貰っちゃって、ほんと悪いやー。」

  (とくにしなきゃいけないこともないから、まあ付き合うか。)

「いいえぇ気に入ってくれてよかったよー。口ん合わんかったらどうしよー思っとったけどよかったやー。」

  (今日は何も持って来なかったから、話のってくれないのかな?)

「うまかったよー。いつも貰ってばっかでほんに申し訳ないやー。」

  (なんかお返ししないとまずいかなあ、やっぱ。)

「ほんと気い使わんといてよ、家じゃあ食べおせんかったもんで腐らしちゃかんと思って奥さんとこで食べて貰っただで。ほんと助かったよー。・・・ほんでねー・・・」

  (まあ私もあまり長居できないから、用件に入ろっと。・・・)

と、この後「ところでさあ・・・・・」と切り出すまで牽制球のキャッチボールが続けられるのである。頂き物以外にも他には「暑いねー」とかの天気陽気に関する話しもよく使われる。

因みに話しに乗れない時には、自分の都合でやんわり断るよりも、旦那や息子等家族への用事がある旨を言ってきちっと断る方が、お互い気が楽なようである。そういう時は「あ、そう大変だね。じゃ・・・。」等と言ってそそくさと立ち去るのが暗黙のルールとなっているようで、そうやって人付き合いがささくれだたないように配慮してるらしい。私は野郎なのであくまで内面の心理状態は想像であるが。

例文

「奥さんおいでる?」

「ごめん。夏休みだもんで息子の昼作らんとかんだよ。」

「あ、そー。ほいじゃまた今度寄るね。」

「ごめんねー。ほんとに。」

「じゃまた。ほいじゃね。」

|
|

« 浜松は田舎で困るよお | トップページ | *いけしゃあしゃあ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15913721

この記事へのトラックバック一覧です: *奥さん、おいでる?:

« 浜松は田舎で困るよお | トップページ | *いけしゃあしゃあ »