« かもめ食堂 | トップページ | *いやったい »

*はざす

はぜる(爆ぜる)何かがはじけて飛び散るという意味で当然はぜるは共通語であるが、「はざす」、はじけさせるという表現は遠州独特なのであろうか?他の地域の衆らとは交流がないのでわかりません。んが、多分方言なんでしょう。

「風船はざす。」(風船を割る。)

はぜるというニュアンスは、内部が膨張・増殖して外の殻というか包んでいるものを壊す感じがするもので、針などで外からの外圧によって壊れるイメージに使うものではない。「風船がはぜる」ということだと空気入れすぎてとか力任せに押しつぶし中の空気の行き場がなくなってといった感覚の理由でで割れたと受け取られる。

例文1

「こないださあ、やかんけっからかいちゃってやー、ふんでど熱い湯足んひっかかっちゃって、もーほんと馬鹿熱かっただよー。」

  (この間ね、やかんにけつまずいて、それで足にお湯がひっかかって物凄く熱かった。)

「そりゃまた難儀なこって。で、足は大丈夫だっただけ?」

  (それはまた災難だったねえ、足は大丈夫なの?)

「熱かったよー勿論。ほいでも医者行くほどでもなかったんでほっぽらかいといただよ。2・3日したら水ぶくれ出来とったもんでえ、ぷくっとしててちいと歩きにくかったもんで針刺してはざしたしただよ。ほいたら水ん出て大分楽んなった。」

  (そりゃあ熱かったよ。それでも医者に行くほどでもないと思ってそのままにしてたんだ。2・3日たったら水ぶくれになってて、膨らんで少し歩きにくいので針を刺して潰したんだ。そうしたら水が出て大分楽になった。)

「ほうけー。そりゃよかったのーえ。でもはざすとかえって治り遅くならんかやー?知らんけど。」

  (そうそれはよかった。でも潰すと治るのが遅くなっちゃうんじゃないの?よく知らないけど。)

「とんじゃかねーよー。死にゃあせんもん。」

  (どうってことないよ。死ぬわけじゃないから。)

例文2

「うー憶えにゃかんこんばっかで頭はぜそうやー。」

  (うーん憶えなきゃいけないことばかりで頭が爆発しそうだ。)

「普段から頭使わんもんでそうなるだにい。常日頃感覚で生きんと頭つかいい。」

|
|

« かもめ食堂 | トップページ | *いやったい »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15704120

この記事へのトラックバック一覧です: *はざす:

« かもめ食堂 | トップページ | *いやったい »