« To be | トップページ | 伏字の表記 »

*かあばる

「緊張して顔がかあばる。」

  (緊張して顔がこわばる。)こわばるを漢字で書くと「強張る」。

というような、こわばる→かわばる→かあばるの変形なのかそれとも

「手え糊んついちゃってなんかエラクかあばる。」

  (手に糊が付いちゃってなんかやけに乾燥したみたいに硬くなってる。)

という皮張るという皮(皮膚)が張りついたたように硬くなる様に限定された遠州弁独特の言葉なのか判断が微妙。変化は、皮張る→かわばる→かあばると予想されるが当然確かではない。

ちなみに(こわばる)の共通語の意味は、本来柔らかいものが難くつっぱたようになること。

(ご飯がこわばる)・「ご飯がこわい」というように、遠州弁では「こわい」が同じ意味で使われるのであるが、こわい→かわい→かあいとは変形しないのでやはり「かあばる」はこわばるの変形した言葉なのだろうか。そして人に対してのみ使われる言葉なのだろうか。確かに「顔がこわい」とは使わないしなあ。実際「顔んこわいわ」っていけしゃあしゃあとぬかいたら、自分に言われたと勘違いした人に絶対ぶっさぐられる。やっぱ「顔んかあばるわ」だよなあ。ホントよーわかりません。まあとにかく「かあばる」は皮膚がつっぱる感じを表現する言葉であるよということである。

例文

「握り飯喰ったら手えかあばっちゃってえ。」

「やあばかっつら。だからつって人の服で拭くじゃねえ。」

「まあそうゆわすとを。いいじゃんちっとばか。」

「よかねえわ。」

|
|

« To be | トップページ | 伏字の表記 »

1-2・遠州弁か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15686190

この記事へのトラックバック一覧です: *かあばる:

« To be | トップページ | 伏字の表記 »