« *好きくない | トップページ | お誕生日おめでとうございます »

パルコフィクション

2002年公開作品矢口史靖・鈴木卓爾共同監督作品。

パルコをテーマにして作られたオムニバスと申しましょうか、企画協力パルコとなっていますが、よく協力したよなと感心してしまう位、遊んでます。まあここまでおちゃらければ誰もホントかよーと思う人はいないでしょうけど。とにかく宣伝になりようがなく企業イメージの向上になんら寄与もしないのにOKを出したパルコは太っ腹だと思います。

地元に置き換えたら、今は沈没してもうないけど、「松菱フィクション」にるのでしょうか、それで上映は松菱劇場で。普段見慣れた景色が映画の中にあるのは確かに楽しいのかもしれませんが、パルコに現実を感じない田舎者にはそういう意味での楽しみはありません。

もし映画館で観ていたら「1800円返せ」と思っちゃうかもしれません。それをDVD4700円(税抜き)買って観たのです。でも「金返せ」とは思いませんでした。何故ならコメンタリーが面白いから。シーンごとにどういう意味合いで作ろうとしたのか語られてるんですが制作意図と実際の出来上がった映像とのギャップがあって,映像を作ることの難しさがよく分かるのです。

矢口監督は見える事象自体に可笑しさを求めているので非常に明快判り易いのですが、鈴木監督は色んな想いや情景を情緒的な曖昧で表現しようとされていて、その曖昧さが上手く伝わらなくて訳判んいのです。コメンタリーで聞くと成程と思い、通常音声で普通に見る、素人には意図がわからない。

「記号」・「お約束」という言葉が時として否定的に使われてますが、映画はだまされに行くもの若しくは監督の思う壺にはまりに行くものであって、だまされないぞと構えて観に行く人はいないでしょう。

使い古しだろうがなんだろうが、意図通りに見えりゃいいんじゃないでしょうか。

ぶつくさ書いてますが、「はるこ」と「見上げてごらん」が好きで、二つとも鈴木卓爾作品なのです。なので、ちゃんとした監督が本当に満足のいく作品というものを見てみたいものです。

ちなみに鈴木卓爾監督は出身が磐田の衆で遠州人です。

|
|

« *好きくない | トップページ | お誕生日おめでとうございます »

3・DVD」カテゴリの記事

3・矢口史靖作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15251893

この記事へのトラックバック一覧です: パルコフィクション:

« *好きくない | トップページ | お誕生日おめでとうございます »