« えらいさんを出せ | トップページ | *ほかす・ほっぽらかす・うっちゃる »

*おっとさ・おっかさ・むっすー・こんぞー

じじばば・おっとさ・おっかさ・むっすー・こんぞー・がきんちょ・舎っ弟・あんねー・ねえさ・あんにー・あにさ・よめさ・じいさ・ばあさ

家族をさして言う言葉。

「じじばば」は子が歳くった親をさして言う言葉。「じいじ・ばあば」だと孫目線となる。「じじばば」でひとつなので、「じじ」や「ばば」と分けては使わない。分けるときは「じいさ・ばあさ」となる。

「あそこんとこのじいさ、はあええ歳だにがんこ元気。」

(あの家のおじいちゃん、もう随分な歳なのにもの凄く元気。)

「じじばばどっちも元気だもんで楽でホント助かるよー。」

(両親ともに息災で手間が掛からないので助かっている。」

「おっとさ・おっかさ」は共通語に直訳すると(父・母)だが、使い方が幅広く、必ずしも父母ではない。「おっとさ」には「おとっさ」と言う言い方もあり、(お父さん)と(オヤジ・おっさん)的な使い分けをするのだが、個人差があって一概に「おとっさ」(お父さん)・「おっとさ」(オヤジ)と決め付けはできない。

「おっかさ」には「おかっさ」という言い方はなく(お母さん)だろうが(ババア)だろうが全て「おっかさ」となる。又、商店等で店を仕切ってる女(未婚でも使用)に常連さんが愛着をこめて「おっかさ」を使う場合もある。

「あそこのおとっさ帰りん遅くてしょんないっつっておっかさ泣いとった。」

    (あの家の旦那さんいつも帰りが遅くて困るって奥さんこぼしてた。)

「むっすー」(息子・稀に娘)、「こんぞー」(小僧)、「がきんちょ」(子供)

「むっすー」は自分の子供に対して使う場合が多い。

「やー、いつもうちんとこのがきんちょら世話んなっててすまんの。」

    (本当にいつもうちの子達が世話になっていて申し訳ありません。)

「うちんとこのむっすー誰に似ただか知らんがあほで困るだよ。」

    (息子はだれに似たのか知らないけれど、あほで参っちゃうよ。)

「舎っ弟」は(弟)です。他の地域ではやくざ屋さん用語のようですが、浜松は普通に使います。

「あんねー・ねえさ」は(姉)、「あんにー・にいさ」は(兄)、「よめさ」は(お嫁さん)

「あんねー、あんねーんとこ余っちゃいん?余ってたらちっとくりょー。」

    (あのさー、姉貴のとこ余ってない?余ってたら少し頂戴よ。)

「余ってすかあ。にいさんとこの嫁さあだったら持ってるかもしれに。」

    (余ってる訳ないじゃないの。兄貴の所のお嫁さんだったら持ってるかもしれないけどね。)

「ほうけえ、ほいじゃ行ってみすかの。」

    (あそう、それじゃあ行ってみよかな。)

「そうしない。」(そうしなよ)

基本ほとんどが野郎言葉なので、あまり女性が使う言葉ではない。

|
|

« えらいさんを出せ | トップページ | *ほかす・ほっぽらかす・うっちゃる »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15299877

この記事へのトラックバック一覧です: *おっとさ・おっかさ・むっすー・こんぞー:

« えらいさんを出せ | トップページ | *ほかす・ほっぽらかす・うっちゃる »