« *やーもお馬鹿っ面! | トップページ | 明治天皇と日露大戦争 »

トラトラトラ

邦画ではありませんが、大東亜戦争と太平洋戦争を日米双方の視点で観た作品としては、私のいい加減な記憶ではありますが、初めての切り口の戦争活劇映画だと思ってます。「史上最大の作戦」と同じプロデューサーの方が製作総指揮をされているので成程です。でも帝国海軍の独り勝ちの内容なので米国では大ヒットにはならなかったようで、その後の「ミッドウェイ」という作品で米国民は溜飲を下げたと聞きました。それまでは日本の一方的な野蛮なる奇襲とされていた真珠湾攻撃でしたが、この作品で、米国政府は事前に予知していたという事を映画で初めて一般民衆に知らしめた啓蒙的な要素もあるようです。

1970年の作品だけあって、突っ込み所は、ゼロ戦じゃないじゃんとか、赤城じゃなく米国の空母じゃんとか色々ありますが、迫力は凄いです。

日本側の監督は、舛田利雄さんと深作欣二さんとなってます。

思い出に残ってるシーンを挙げると、(日本側だけ挙げます)

①機動部隊が日付変更線を越える際の、水兵役の渥美清さんと松山太郎さんの会話のシーンが印象に強く残ってます。まだ小学生の小にあの笑える理由が理解できた筈がないのに映画館全体がどっといに溢れたのにつられて自分も笑った記憶がかすかに残ってます。みると作品全体が重厚感に満ち溢れている中に、ポツンと浮かぶ気ゆるむこのシーンは、よくぞなのかなんでなのかと、このシーンが存する意味を監督に問うてみたいです。

他にも「海軍さんこの頃たるんじょる」とかで映画館が笑ったシーンも幾つかあったんですが、何故かこのシーンが印象的なのは、渥美清さんからでしょうか。

②被弾して帰還不可能と悟ったゼロ戦搭乗員が狙いを定めて愛機と共に格納庫に突っ込んでいくシーンも印象的でした。被弾してエンジンの不調でやいやいダメかと舌をチョロッと出したあと、地上の獲物を探す鳥のように周囲を見渡し、そして気負いのない覚悟を決めた表情で、突っ込んでいくのですが、その生から死への断の切り替えの早さ、涼しげにさえ映る潔さは、武人の美学を見たような思いです。役者さんの名前がすいませんわかりません。

③井川比佐志さん演じる爆撃機(九九艦爆でしょうか)搭乗員が鹿児から洋上移動中に至るまで一心に訓練を行い、その成果を披露すべく実戦で見事敵戦艦に大打撃を与える。「ヤッター」と満面の笑みで喜ん後すぐにやってきた爆風の凄まじさに機体が激しく揺れ、真顔戻るシーン。特に何かを感じた訳ではないんですが、何故か残ります。

④朝焼けの中発艦して行くシーン。帽触れの合図で一斉に見送る整士や上級指揮官達の託す想い。それを受けて飛び立つ攻撃隊。男だったら血沸き肉踊る瞬間です。快感です。

⑤実名で数多の歴史上の人物達が物語を紡いで行く中で、この映画の主役は田村高廣さん演じる淵田少佐でしょう。歴史的な事を成す時は案外このように飄々として行われるものなのでしょうか。田村さんがどのシーンでもがんこいいです。

⑥特撮シーン、とくに洋上を真珠湾に向かって航行する機動部隊のシーンが迫力があって好きです。戦闘シーンは基本実写で特撮は殆どないんですが、決まってます。

全体を今と比べると、物凄くすんごい役者さんばかりこれでもかと言わんばかりに登場されます。今リメイクしてもっと凄い特撮を駆使して迫力がアップしたとしても、これだけの役者さんの数は集めることができないんじゃないでしょうか。戦時中に撮られた「ハワイ・マレー沖海戦」と比べて見るのもまたをかし。

ただしトラトラトラは欲かいて全部一辺に解ろうとすると、非常に頭が疲れます。歴史的意義・人物的評価・当時の世相思想などなどこれでもかと言うくらい145分の中に詰め込まれています。見る観点を変えて何度も繰り返して観た方がいいと思いますし、それに堪えうる質の作品だと思います。

当時リアルに生きてきた私の周りのジジババはその殆どが、「ハルノート」かゆうもので米国が日本の首を絞めにきたのでやむを得ず日本は防衛として戦争を始めたと言っていました。なんか現代の北朝鮮の言い分によく似ているような気がするのは私だけでしょうか。

|
|

« *やーもお馬鹿っ面! | トップページ | 明治天皇と日露大戦争 »

3・戦争活劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15339546

この記事へのトラックバック一覧です: トラトラトラ:

« *やーもお馬鹿っ面! | トップページ | 明治天皇と日露大戦争 »