« 男たちの大和と硫黄島からの手紙 | トップページ | *好きくない »

*ほいたら・そしたら

「Aさん御免!わし今から買い物いかんとかんだわー。」

  (あらAさん御免なさい。私今からお買い物に行かなくちゃいけないの。)

「なに買い行くよー。」

  (何を買いに行くの?。)

「果物でも買いいかすかと思ってえ。ちょっと街まで。」

  (果物でも買おうかと思って、街まで行こうかと。)

「ほいたらやー、悪いだけどついででちっと頼まれてくれんかねー。」

  (それだったら、申し訳ないんだけど、ついでに少し頼まれてくれない?)

「なにをよー。」

  (なんですか?)

「いやねっ、こないだねっ、うちらにって、Yさんがもらいもんくれたじゃんねー。ちゃんとお礼しんとかんと思ってただけどさー、Yさん最近顔見んもんでどうしただと思ってたらさあ。それがさあ、あんた体おやいてF病院に入院しただって。」

  (Yさんからこの間頂いた物があったでしょ。そのお返ししなくちゃと機会を窺っていたんだけど、当のYさんの顔を最近見ないからどうしたんだろうと思っていたんだけれど、体調崩してF病院に入院したんだって。)

「うそーホントにー?先々週だか遭ったけど元気そうだったにい。いつ入院しだって?」

  (本当ですか!先々週ぐらいに遭った時は元気に見えたよ。いつ入院したんだって?)

「昨日きいただよ。今週入ってすぐだって。だもんで世話んなった分まだお礼しとらんもんで、あんまし付き合いないだけど、お見舞いいかすかと思ってさー。」

  (昨日聞いたの。今週の頭に直ぐにだって。だからお世話になった分のお礼をね、まだしてないから、あまり親しい訳じゃないけれど、お見舞いに行こうかと思って。)

「どこん悪いだって?」

  (どこが悪いのか聞いてるの?)

「それが知らんだよー。Sさんからだもんで根掘り葉掘り聞けんらあ。」

  (知らないのよ、Sさんに教えて貰ったんだけどあの人に細かいこと聞けないでしょ。)

「そうだいねー。Sさんじゃねー。じゃDさんにも声掛けて皆で行く?」

  (そうだよねー、Sさんじゃねえ。それじゃあDさんにも声を掛けて皆で行こうか。)

「みんなだと大袈裟だと思われて厭だらー。わし一人で行くでええよ。」

  (大勢で行けば大袈裟い思われて厭じゃない?私一人で行くから。)

「ほうだねー。ま、その方がいいか。ええよ。じゃ車だで籠盛りさら買ってくるわ。」

  (そうだねー。まあその方がいいか。わかった、私車で行くから籠盛りごと買ってくるね。)

「わるいやー。じゃお金。」

  (申し訳ない。それじゃ代金。)

「あれー、わし出しとくで良いって。お見舞い行かん分あんたに迷惑頼むだで。」

  (厭だわ奥さん、私が払うから。お見舞い行かない分奥さんに手間かけちゃうんだから。)

「そう言い訳にいかんてー。ほいじゃちゃんと分けよっ。」

  (そういう訳にはいかないでしょう。それじゃあきちんと割ろうか。)

「そしたら、うちらだけじゃなくDさんとこにも声掛けとかんとかんらー。」

  (それなら、私達だけじゃなくDさんにも声掛けておいたほうが良いんじゃないの。)

「あーそうだねー。はぶせにしたって言われちゃうもんねー。」

  (ああ、そうよね。除け者にされたって言われちゃうからね。)

おっかさ連中の、立ち話から用件に移った時の会話。貰い物のお返しとお見舞いを一緒にして一度で済まそうという魂胆と、病名を知りたい好奇心に満ち溢れたお話し。

「篭盛りさら」は(篭盛りごと)。「まるさら」だと(全部・まるごと)という意味。「はぶせ」は(除け者のけもの)。「行かす」は(行こう)・「行かすか」だと(行こうか)。「声掛けとかんといかんらー」は(声を掛けておかないとまずいでしょう)。「わるいやー」は(すまないねー)。「あれー」は(何言ってるのよ)。イントネーションはA・re・e。

|
|

« 男たちの大和と硫黄島からの手紙 | トップページ | *好きくない »

1-2・遠州弁ほ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15255897

この記事へのトラックバック一覧です: *ほいたら・そしたら:

« 男たちの大和と硫黄島からの手紙 | トップページ | *好きくない »