« *うちんつれがさー | トップページ | *あだける・ちんぷりかえる »

ゼロ戦燃ゆ

1984年作品 舛田利雄監督 柳田邦男原作 笠原和夫脚本 川北紘一特技監督

観に行く前に思ったのが、戦争を知らない世代以降の役者さんが中心を占める映画だあってことでした。無論皆さん私より年代が上なんですが、それ以前の作品は演出側も出演側も皆戦争体験をなにがしか持っているからこその想いが根底に映ってると感じていたのです。なので、出演される役者さんがどう表現されるんだろうという目線で観に行った記憶があります。(まあそれ以前にも海ゆかばとか二百三高地とかあったんですが、なにせ当時十代のガキだったんで色々と間違いが多かったんですよ。・・・今も直ってませんけど。)

そういう穿った目線で観たものだから、なんか粗探しをしに観に行ったようになってしまってあまり楽しめなかった記憶が残ってます。大分経ってレーザーディスクが出て見直して見たら結構面白いとこが見つかったので、やはり映画はなにも余計なこと考えないで白紙の頭で観た方が愉しめるんだと反省しました。

主役はゼロ戦で、デビューから終焉までのお話です。画的には紺碧の空と黄金色に輝く朝夕の焼け具合が美しいのですが、何故か離着陸のシーンの実写と特撮の繋がりが気になりました。他の撃墜炎上シーン等は映画のウソが素晴らしいので余計にそう思えてしまうのかもしれません。でも流石「川北紘一」作品と感じます。

そしてもう一人、主役がおられて、杉田上飛曹(役名濱田)のお話しでもあります。

撃墜数を誇るのは勿論として、編隊とういうか部隊としての戦闘において、無駄な損害を出さない優れた職人・統率者であられたそうです。

階級社会の弊害があって、いくら技能・経験値があっても、ぽっと出の尉官の指揮の元にはいらなければならない。知識・頭脳に優れても、技術・経験が圧倒的に不足する指揮官の元では下につくものは苦労させられる訳ですが、杉田上飛曹は上からも下からも一目置かれ頼りになる「おっかさ」的存在だったのでしょうか。まあこの作品に登場する尉官は優れた人ばかりですけど。

山本長官の護衛に失敗した(?)為に、その任に就いたものに海軍は、死に場所を与え続けてくれます。そうではなくラバウルでは皆同じ位過酷だったというお話しも聞いたことがありますが、映画ではそういう目線で描かれているような気がします。

戦場(いくさば)が変わり最後はほとんど不眠不休で、もしかしたら居眠り(極度の過労により意識がとんだ)ではなかったんじゃないか、つまり戦闘に於いてやられる人ではなかったと当時を知る方がそうおっしゃっておられたと、何かの記事で読んだ記憶があります。

人望が厚く、みんなから「杉さん」の愛称で親しまれていたそうですが、この映画では孤高の戦闘機乗りのように描かれていて、私としては、そういう親しみのある人柄を描いて欲しかったなあと思うところがあります。

音楽的には何故か軽快な感じがしてもっと重厚感がある方が私の好みです。

爆発音や機関銃の音は、日本映画の伝統を引き継いだかのような懐かしい音です。もうこれは決められた音なんでしょうか、どの邦画作品にも共通する効果音が使われています。

同じ戦闘機乗りを描いた作品としては「加藤隼戦闘隊」が有名ですが、実際の戦闘機を使っているとはいえ、「加藤隼戦闘隊」は人間を描くことに集中しているところが大きな違いでしょう。

「ゼロ戦燃ゆ」はゼロ戦と濱田上飛曹のダブル主演なのですが、個人的には、杉田上飛曹の人間ドラマに徹してくれた方が好物です。

余談ですが杉田上飛曹は、フルで書くと、杉田庄一上等飛行兵曹。最終階級は2階級特進で少尉となります。

|
|

« *うちんつれがさー | トップページ | *あだける・ちんぷりかえる »

3・戦争活劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15530560

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ戦燃ゆ:

« *うちんつれがさー | トップページ | *あだける・ちんぷりかえる »