« *どんまい | トップページ | *くれる »

市川昆物語

DVD-Rを買いに行ったついでに新作DVDを見たら発売されていた。知らなかった。発売日がということではなく、こういう映画があったことすら。

帯に「映画を愛する凡ての人に贈る」と謳われていて、おお!凡人たる自分に宛てたものなのかと納得して財政難にも拘らず衝動買いしてしまいました。ま、最も「すべて」が一般的に「全て」と表記されだしたのは最近のことなので、そうゆう意味ではないと判ってはいるんですけど。

2006年公開 岩井俊二監督作品。

新作というかまだ商品として生きているので、私ごときの偏った目線で細かく内容や感想を書いて汚してしまってはいけないので注意したいとは思ってるんですがもしかしたら無理かもしれませんのでそのときはご容赦願います。

金田一以降しかリアルを知らない私にとって、映画全盛期の頃の市川作品群は初めて知ったも同然で、この時代に青春時代でいれたらなあと思いました。ほんの少しづつしか見れないんですけど、どの役者さんも凄く生き生きしていてしかも大仰さがなくてホント上手いなあと感じます。しかも熱いというか確かに生きてる温度を感じます。(戦後すぐの作品は外国映画の模倣みたいな印象がして好きではないんですが)

最近のお芝居は、たとえ市川昆作品であってもなんか仰々しい感じが拭えなくて、大きく息を吸い込んで「よっしゃあ」と気合を入れたインパクト重視のものか、最初から最後まで「ボソボソ」と抑揚のないリアル感重視のものか、の二方向にわかれていて、映画全盛期と呼ばれた頃の、決めるところは決める抑える所は抑えるみたいな抑揚のあるというか幅のあるお芝居は影を潜めてしまっているような気がしました。あの頃は映画専門・舞台専門と役者さんがはっきり分かれていて、今のように、舞台的なお芝居が混ざっていない映画のお芝居だけで作られていた時代だったのでしょうか。

映画全体は客観性というよりも岩井さんの感想文を読んでる感じがします。でもなんか豪華です。細かいとこにも手が入っていて、空白というか、間も心地いい感じです。82分が何故か短く感じられる位引き込まれました。なんででしょうかねえ、よくわかりません。

監督が敬愛する監督を描くと言うことでは、新藤兼人監督の「ある映画監督の生涯」と言う作品を想い浮かべるのですが、人間を描き出そうとしているのと、純粋に作家としての部分を描いているのと目線が明らかに異なるので比べる意味はないような気がします。

まだ映像特典見てないんですが、市川昆作品を美しいと感じる私としては買って良かったと満足です。なんですが、映画館で興行として成功するの?と心配にはなりますが、「一般的」な全ての人にではなく「映画を愛する」凡ての人に贈るという言葉は言い得て妙だと納得しました。

あと本当に個人的な感覚なんですが、押井守作品を観てるような空気感を覚えてしまいました。

|
|

« *どんまい | トップページ | *くれる »

3・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15598972

この記事へのトラックバック一覧です: 市川昆物語:

« *どんまい | トップページ | *くれる »