« *はあでけた? | トップページ | ほいじゃね »

*しるかー・しらすかー・しらんやー

A男・「おーおい誰よー、ここにあった○○持ってったのー。親爺けー。」

父・「そんなん知るかー。」

A男・「じゃじいちゃけ。」

祖父・「そんなん知らすかー。ばあば持ってった?」

祖母・「そんなの知らんにー。」

A男・「じゃお袋ー?」

母・「知らんやー。無くなっちゃ困るもんならそんなとこほっぽらかいとくほーがどかしちゃいん?」

A男・「しょんないじゃん。便所まで持ってく訳にいきもへんに。とりあえいといただけだにはあ無いだもん。」

母・「ふんとにもー。ちゃんとしんもんで、ねえB男(次男)お兄ちゃんのって、○○見んかった?」

B男・「知る訳ないじゃん。見てもいん。」

母・「C子(妹)は?」

妹・「知らんよー。つーかなにそれ?」

A男・「なにそれって知らんだか。◎◎で使う奴。

母・「えーそうなの●●に使うんじゃないの?」

父・「そんなこん使ったって張り付きもしんに。」

そう言ったか言わんかの内に台所から何かが崩れのように床に落ちる音がした。

●○◎にはまる言葉が決まれば面白い笑い話が作れそうだが、いかんせん何も思いつかない。

共通語に訳さずとも意味は通じると信じてるが、この会話の遠州弁としてのポイントはアクセントにあり。

|
|

« *はあでけた? | トップページ | ほいじゃね »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15319444

この記事へのトラックバック一覧です: *しるかー・しらすかー・しらんやー:

« *はあでけた? | トップページ | ほいじゃね »