« 遠州弁に変換 | トップページ | トラトラトラ »

*やーもお馬鹿っ面!

「やーもおっ馬鹿っ面!」

職場や街頭で誰に向かって言うでもなく、しかしあからさまに周りに聞こえる位の大声でこう騒いでる奴がいたら、そいつは相当テンパッてるので、近寄ってけない。ただし、誰かに向かってその後に「あんたーどうしてくれるよー。」と続いたら言われてる人を絶対許さない勢い糾弾しているということなので、レスキューに向かうべきとなる。

ちなみに、度合いでいくと、「やー」か「もー」だけならアセッてる程度。

「やーあっもーっほんっとにーい馬鹿っつらあ!」となるとこれはもう最のイッチャってる状態で、視線すら合わせてはいけない。これを聞くとその場の雰囲気が一気にドヨヨンと気が滅入る。

これとにたような言い回しでも「てめえ」が入ると意味合いが違う。

先輩が新入りなどに向かって言う「やーてめえ馬鹿っつら」は(おいちょと待て・なにやってんだお前は)という注意する際の掛け声みたいなもので、言葉そのもに意味はない。文字で表記すると違いが分かりづらいが、実際に使われる場所・物言いの違いではっきりと分かる。

|
|

« 遠州弁に変換 | トップページ | トラトラトラ »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15335230

この記事へのトラックバック一覧です: *やーもお馬鹿っ面!:

« 遠州弁に変換 | トップページ | トラトラトラ »