« サマータイムマシン・ブルース | トップページ | *ちょっきり・ちょん »

UDON

観たらうどんが食べたくなるというキャッチコピーに偽り無しという感想です。

で、本編は置いといて、メイキングが面白かったので以下はその話になります。メイキングの中で佐々木蔵之介さん演じる万年助教授が講義をするシーン。その撮影風景がお気に入りです。演壇で講義をし終わってカットの声が掛かった後、受講者役をしていたエキストラの人達が、無闇に声を出してはまずいと判ってはいても、おもわず「おおー」と声が出てしまう歓声が静かに広がるのですが、「芝居で人が感動する瞬間を僕は初めて見てしまった。」とハチクロっぽく言いたくなりました。

そんなシーンですが、映画の中のシーンで観ると、割と普通のリンクネタになってるのですから、直接観る芝居とフィルムを通した後に観る芝居の違いが想像できる訳です。映画は映画できっちり感動できる芝居と言うものがあるんですから、もしかしたら映画と舞台の芝居は別物なのでしょうか。舞台も映画もTVもCMもと、全てこなせるオールラウンドプレーヤーが最強なんでしょうが、そうそう沢山は居られないでしょう。

浜松に住んでいる限り、映画しか普段、鑑賞の選択肢がない私にとって、映画一本で道を極めようとされる役者さんを一番大切だと思うのは言うまでもありません。(劇団たんぽぽさんごめんなさい)

|
|

« サマータイムマシン・ブルース | トップページ | *ちょっきり・ちょん »

3・映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15021482

この記事へのトラックバック一覧です: UDON:

« サマータイムマシン・ブルース | トップページ | *ちょっきり・ちょん »