« 月とチェリー | トップページ | ひみつの花園 »

*じゅるい

「雨上がったもんで道んじゅるくなってるだよ。」

  (雨があがって道がぬかるんでいるよ。)

じゅるいとは、ぬかるむと言う意味である。が、共通語と違って

「まだ煮えちゃいんもんで、うで卵じゅるいだよ。」(まだ煮えていないから、ゆで卵が固まってない。)のように、地面以外にも本来硬い筈のものが柔らかい状態を指す時にも使う場合もある。

ほんで、「うー、どじゅるい。」(意外と凄くぬかるんでる。)つうなあ「うー、弩ずるい。」(うーん、物凄くずるい。)と聞き間違えると話が合わんくなるだで気いつけんといかんだにい。

つまり「じゅるい」に「凄く」を付ける場合「馬鹿じゅるい」・「えらいじゅるい」・「がんこじゅるい」という言い方は有るが「どじゅるい」だけは「どずるい」(ど狡い)と聞き間違えることになりかねないので「どじゅるい」という言い方は基本しないという事である。

逆に、本来柔らかい筈の物が硬くなっているようなときは、「こわい」を使う。

「ごはんがこわい」という風にである。けっしておっかない訳ではない。

無いついでで言うと「ずるい」が「じゅるい」になった訳ではない。あくまで想像だが「きもい」みたいなもんで「じゅる」という効果音に「い」が足されたのではないかと。

例文

「雨んだあだあで道ん馬鹿じゅるくててさあ。足元びちょびちょ。」

  (雨が強くて道が大分ぬかるんでてさあ。足元がひどい濡れよう。)

「おめえなんかいいほうじゃん。わしなんか道と田んぼの違い分からんくて肥溜めん足突っ込んでどん臭いだにい。必死こいて洗っただにまだ匂い取れやせん。」

  (そんなのまだいい方だよ。オレなんか道と田んぼの区別できなくて肥溜めに足落としちゃって匂いが堪らないんだ。懸命に洗ったんだけどまだ匂いが消えてないよ。)

「・・・近寄らんといて。」

「やあ引くなやあ。冷たいじゃん。」

|
|

« 月とチェリー | トップページ | ひみつの花園 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/14956341

この記事へのトラックバック一覧です: *じゅるい:

» アトピー [アトピー研究サイト]
アトピーを総合的に考えるサイトです。アトピーに関するRSS情報を付記しました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 12時29分

« 月とチェリー | トップページ | ひみつの花園 »