« 病院坂の首縊りの家 | トップページ | でかい・どでかい・どんでかい・ばかでかい »

*だで・だもんで・なんしょ

だでは、だもんでの短縮形のようなもので同じような使われ方をされるが、微妙に違う。

「ゆっちゃかんだで、ナイショにしときー。」(言っては駄目だよ、内緒にしておきなよ)は、ナイショに重点が置かれるが。

「ゆっちゃかんだもんで、ナイショにしんとかんだにー。」(言っては駄目ってことなんだから、内緒でないと駄目だよ)となると、言ってはいけないことも強調されたうえで、ナイショにかかるような気がするが共通語訳が定かでない。

なんしょは、とにかく・つまり私が言いたいのは・結論として・よく聞けよ・だからあ、みたいな、一番言いたい・聞いて欲しいことを言う前につけるので、その後の話を聞き流してしまうと、あいつは人の話を聞かん奴だと思われるので、同意するしないは別として、反応したほうが人間関係がうまくいく。

なんしょかんしょの省略形ではあるが、なんしょかんしょは現在使われていない死語である。

「いっちゃかんだもんで、なんしょナイショにしとかんとかんだでー。」となると、言うなと内緒両方ともに重点が置かれていることになる。ま、最も実際につかうとなると、「やあばかっつら、ナイショにしときゃあええだ!」の方が日常的ではある。

|
|

« 病院坂の首縊りの家 | トップページ | でかい・どでかい・どんでかい・ばかでかい »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/14936877

この記事へのトラックバック一覧です: *だで・だもんで・なんしょ:

« 病院坂の首縊りの家 | トップページ | でかい・どでかい・どんでかい・ばかでかい »