« *ま、しょんねえの | トップページ | *ホント(本当) »

ぼくんち

2003年。阪本順治監督作品。原作は西原理恵子さん

主演は観月ありささん。他の出演者は皆さん濃いです。あまりの濃さに観月さんがまともに見えます。変な世界です。でもみんな生活してます。精一杯なので辛いと考えてる暇がないようです。それとも、一生懸命で振り返ったり先を読む余裕がないのでしょうか。

原作は、にこやかな笑顔の癖して、やる事がえげつなくたまに怒るとその表情は鬼になるという登場人物ばかりで、見た目と行動のギャップの衝撃でその世界に引きずり込まれる訳ですが、それでも何故かしげに感じる作り手の視線で、ほのぼのとした気にさせてくれます。

そんな世界を人間がリアルに表現したらどうなるんでしょうか。普通そこが見に行くときの興味なんでしょうが、私原作を読んだのが画より後だったので、変な映画だと素直に感じました。

みんな群れることなく点として生きてます。その点を繋ぐのが兄弟二人なんですが、それぞれの繋がりが希薄に見えます。黒沢明作品の「どんぞこ」や小泉堯史作品の「雨上がる」のように低い層で生きる人達、は否応も無く寄り添っていなければ生きていけなくて、そのために起こる摩擦によって生まれるドラマ劇しか見た事がなかったので、登人物達のやってることが嘘っぽい話じゃないんですが、なんかこうにこの人達ここで生活出てるんだろうか、ちゃんと皆飯食えてるだろうかというような生活の匂いが感じられない描き方なので、これ本督阪本順治さんなのかと思わず確認してしまいました。

阪本監督というと「どついたるねん」がすぐ頭に浮かんでくる監督さんで、初めて「どついたるねん」を観た時の生臭い野郎の匂いを感じ事が衝撃でした。臭いということではなく、匂い立つ・漂うと言う意味す。映画を観てここまで匂いを感じたことがなかったので強烈な印象が残っています。田舎者にって拳闘とは、TVの中の世界の華やかな出来事で、ボクサーの流れ出る汗も、り輝く雫のようなものに見えてまた。なのでこの映画で実際に息をして物を喰らう人間をこれでもかと描かれると、闘というものが、美いものでは決してなく、執念や夢と言うより叶える為の「もがき」成果の場だという生身の人間の匂いが臭ってきたのです。

なので真逆とまではいかないまでも、こうまで異なるのは「うっそーしんじらんなーい!」って感じですわホント。でも裏切られた感じはしなかったです。冒頭の船のシーンからして世間離れしてましたし、いきなりコウイチ(真木蔵人さん)が現れたので、もう一気に納得させられました。

何度も見直して分かったんですが、あの船はこの世と変の世を繋ぐ渡し船だったんですね。

主演の観月ありささんがいいです。というより、この人以外ではイメージが合いません。なんででしょうかね。「7月7日晴れ」との共通点を探すと、一所懸命なところなんでしょうか。不平不満を言ったらきりがない世界の中で、飾らず上に憧れを持たず、今をしっかり生きてる姿を演技としてわざわざ表現しなくても、具現できてるからなんでしょうか。

あまり本は読まない私ですが、何故か阪本監督の「孤立無援」という本は読んでるんです。その中で、この作品のことを語られておられるですが、それによると最初から観月さんで決まりだったようです。

私がこの作品は他の作品とは異質だと感じた理由が、本を読んだらあながち間違ってなかったようなので、なんか答え合わせをして貰っみたいでこの本買ってよかったと思いました(自己満足ですけど)。

まあ冷静に考えると、監督の手の平の中でいいように転がされてるだけなんでしょうけどね。

でも本の中で監督の述べているこの映画の「ウリ」にはあまり興味がなかったです。私はやはり最後の方の「ラーメンまずい」が好きなんですけどね。そしてあれで終らずに、最後のシーンのせりふでニッとさせてくれて終るのがもっと好きですけど。

|
|

« *ま、しょんねえの | トップページ | *ホント(本当) »

3・映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15125623

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくんち:

» ハリーポッターの3人組、変わらなくて良かった♪ [晴耕雨読]
ハリーポッターの映画の3人組がさ、 どうなるんだろうって思ってたんだよね。 そしたらさ、 --------------------------------------------- 【ロサンゼルス國枝すみれ】7月21日に発売となるハリー・ポッターのシリーズ最新作と、前作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の映画版に、ダニエル・ラドクリフ(17)、ルパート・グリント(18)、エマ・ワトソン(16)の3人組が出演す�... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 01時58分

« *ま、しょんねえの | トップページ | *ホント(本当) »