« ちみくって血い死んだ | トップページ | がんばっていきまっしょい »

映画のパンフ

映画館にいけば、大抵作品のパンフを買います。

駆け込みでない限り、始まる前に目を通すのですが、作品それぞれに先に見てよかったと思えるものと、後にしときゃよかったと興ざめしてしまうものがあります。

ごちゃごちゃぬかすな、かつ目して見よ!と言う作品は、後の方がいいんですが、登場人物が多かったり、話が複雑であったり、物語には描かれてはいないけれど予備知識があった方がいいというような作品の場合先に読んどいた方がより映画を楽しめると思うんですけど。本当に映画それぞれ、各人の頭脳それぞれなんですよね。

TVCMとかで、こらしょと宣伝される現代、今から映画を観るぞと言うときに大まかな概要はパンフに必要なのでしょうか。私が欲しい情報は、説明ではなく、監督か役者さん目当てで映画を選ぶ身としては、作り手側の作品に対する想いやより楽しく見るめの知識です。

一方で、昔のパンフが今も商品として流通してる事を考えると、映画の余韻が封じ込められていて、開けばその世界をより鮮明に記憶の中から引っ張りだせるアイテムとしての機能もあるのでしょう。そのためにはあらすじを含めた概要は確かに削れない部分ではあります。

この様に相反する要望がパンフには存在してると思います。

なのでいっそのこと、記憶の書と導きの書とにはっきりと分けてくれた方が有り難いです。両方出されると金銭的に厳しいですけど。

|
|

« ちみくって血い死んだ | トップページ | がんばっていきまっしょい »

4・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15163979

この記事へのトラックバック一覧です: 映画のパンフ:

» 海猿 [海猿]
海猿は面白いよと友人に勧められました。海猿を見る前に調べてみました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月23日 (水) 15時14分

« ちみくって血い死んだ | トップページ | がんばっていきまっしょい »