« *こく | トップページ | かきのたね »

*あんまし・いきなし・消しなし

「あー!」

「なによ、いきなし、びっくりするじゃん。」

「やばい、もしかしたら、電気消しなし来ちゃったかもしんない。」

「家出る時、確認しんかっただか?」

「急いでたもんでねー、した覚えんないだよ。」

「そりゃあんた、戻って見といた方がいいにー、まだちいと時間あるだでさー。」

「わるいね、そうするわー。ちゃっと行って戻って来るで、待っててよ。」

「あんまし、急いで転ばんよーにね。」

この例文の中で分かりづらいとしたら「ちいと」(少し)くらいであろうか。

時間のあるなしの比較で言うと、集落によって誤差はあるが

ちっと<ちいとなんとか<結構<大分<充分たんと<がんこであろうか。共通語にしづらい比較言葉のニュアンスは結構ある。

「あんまし・いきなし」(あんまり・いきなり)と、「り」が「し」に変形するこが多い。又「消しなし」(消さずに)のように、「~せずに・しないで」を遠州弁では「~しなし」と表現する。「燃やさないで保管」だと「燃やしなしとっとく」・「努力しないで出来る訳ない」だと「努力しなし出来すかー」となるが、「無理しないで頑張って」は「無理しんで頑張って」となり「無理しなし頑張って」とは言わない。全てが「しなし」になるわけないのである。

|
|

« *こく | トップページ | かきのたね »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15213176

この記事へのトラックバック一覧です: *あんまし・いきなし・消しなし:

« *こく | トップページ | かきのたね »