« *ホント(本当) | トップページ | ちみくって血い死んだ »

リンダリンダリンダ

2005年公開作品。山下敦弘監督

出演は、ペ・ドゥナさん・前田亜季さん・香椎由宇さん・関根史織さん

他にも、甲本雅裕さん・松山ケンイチさん・小出恵介さん・近藤公園さん・三浦哲郎さん・山本浩司さん・ピエール瀧さん・リリィさん他と豪華です。ま、でも4人の話なんでほんのちょっとづつの出演ですけど。

時期的にSGと比較されてた記憶があるんですが、もし被らなければこの作品の評価は変わってたのでしょうか。

放送部(?)役の三浦哲郎さんが冒頭から思わずはったおしたくなるくらいにいい味出してくれます。こういう空回り的に一所懸命な奴必ずいるんですよね学校という空間の中に一人は。「夜ピク」にも出てられましたがはまり役でしょうか。「WB」や「さよならクロ」にも出てられてますがイメージが違うのでワンパターン役者ではないのでしょう。

次に来る廊下のシーンは映画ならではで好きです。でも音でおどかしてくるのでびっくりです。効いてます。

選曲をしてるシーンは愕然です。これが古い曲なんですか。年代が違いすぎます。歳を感じます。リアルに聞いてた訳じゃないけど最近の曲と認識してたもんで。ショックです。

細かく書いてたらキリがないので、大雑把で。

歩くシーンがどれも印象的です。雨でも降らない限り走ったりしません。青春映画にも拘らずチンタラしてます。普通この年齢だったらただ歩くなんて時間がもったいなくてしません。何かしゃべくり倒したり色んなことしてます。でも彼女らはただ黙々と移動します。そんな関係なんでしょうか。それとも疲れているんでしょうか。

ペ・ドゥナさんがいいです。他の三人とどう違うんでしょうか。経験値の違いなんでしょうか、日韓の勢いの違いでしょうか。この映画の笑いはそのほとんどがペ・ドゥナさんが提供してくれました。

香椎由宇さんが綺麗です。制服着てなきゃ大人に見える眼力です。監督はなんとか汚しをかけて、普通の高校生に見えるように努力されたようですが、綺麗です、どうみてもモテそうです。

前田亜季さんがこの中では一番女の子っぽいです。DVDのオーディオコメンタリーで監督と向井さんは響子(前田さん)を女の子の部分を全部背負ってるとおっしゃっておられますので、違ってないと思います。

コメンタリーといえば、お二人が話してるそれぞれのキャラクターの性格付けを含めた裏設定の深さに驚きです。しかも、この後の二十歳になった時のそれぞれのイメージまで話題になっていて、ここまで来ると妄想じゃないかと心配になる位深いです。自分の経験と重なる出来事で物語を作られておらるようで、誇張はあるにせよ、嘘や想像を元に作り上げられた物ではないということが聞き取れます。

関根史織さんは役者さんじゃないということですがバンドのメンバーとしての存在感があって大切です。

最後はスカッと爽やかです。ブルーハーツが何故愛されるのか分かる気がしました。

長回しが多くて、じっくり考えがてら観れるのが反応の鈍い私には嬉しくて山下作品ではじめて素直に笑えた作品でした。好きな作品です。

|
|

« *ホント(本当) | トップページ | ちみくって血い死んだ »

3・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15139255

この記事へのトラックバック一覧です: リンダリンダリンダ:

« *ホント(本当) | トップページ | ちみくって血い死んだ »