« *きっちし | トップページ | *そうだっけか・あんたさー »

*おえん・おせん・いん

「なにやってるだ、はあ帰らまい。」

「いやあ、これおえんと帰れんだわ。」

「なんでー、机きれいなもんじゃん。そんなやりおせん大層なもんなんかあったっけか?なにん残ってるだ?。」

「いやそれがのっ、ちゃっと帰ろうと思っただよ。ほいたらさー、さっきA社ら電話あってさーあれがなにんなっちゃってさー、ふんで訳わからんくなって、もー始末におえんくなっちゃってるらしいだよー。」

「明日にしてもらやーいいじゃん。それじゃあおえんだって?」

「ワシもそー思ったんもんでえ明日一番で伺いますっつただけどやー、向こう明日すぐ使いたいっちゅう風に言ってるもんで、しょんないもんでこれん今日の内に決着つけんとかんくなったもんで帰れんだよ。」

「そりゃお得意様だでしょんねえのっ。まあ頑張ってくりょー。ワシ先帰るわ。ほいじゃお先にねー。」

「いいなーとっとと帰れて。」

「追えん」・「負えん」・「終えん」共通語と意味はほぼ同じ。しかし実は遠州弁特有の使い方があるらしく、共通語と思って使うと、田舎者とすぐばれてしまうらしい。

例文の場合の「おえんと」は「終らないと」と言う意味である。「始末におえん」は「始末に負えない」と言う意味である。「おえんだって?」は「駄目だって?」と言う意味になる。

例文以外の使い方例として

「やりおえん」は「やり遂げていない」

「やりおせん」は「やりきることが出来ない(やりきれない)」

「やりいん」は「やること自体出来ない・やろうとしない」

「おえん」はゴールが見える時、「おせん」は白旗な時に「いん」はスタートすらきらない時にと使い分けをする場合が多い。

「食いおえん」は「食べ終わっていない」

「食いおせん」は「食べきれない」

「食いいん」は「食べない・食べようとしない」

「おえん」は単独でも「駄目」・「納得しない」・「満足しない」みたいな意味で使う場合があるが、「おせん」・「いん」は単独では使わない。

|
|

« *きっちし | トップページ | *そうだっけか・あんたさー »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15186195

この記事へのトラックバック一覧です: *おえん・おせん・いん:

« *きっちし | トップページ | *そうだっけか・あんたさー »