« *じゅるい | トップページ | つーか・ちゅうか・づら・だら »

ひみつの花園

1997年公開の矢口史靖監督作品。真矢みきさんが良かったTVの「ヒミツの花園」ではないのでお間違えなく。

田舎にゃあこういう類の映画はやってこんもんでDVDで観た訳ですが、オーディオコメンタリーがとにかく面白い。磐田出身の鈴木卓爾さんとのトークは私の壷で、この作品に限らず、どの作品もコメンタリーは面白いんですが、特にひみつの花園は西田尚美さんとの三人トークが面白いです。

役者さんに関しては、選球眼がいいんか、コーチングがいいんかは不明なんですが、矢口作品から役者としてスタートをきった、若しくは弾みをつけた人は数知れず。多数おられるので敬称略とさせて戴きますが、

鈴木砂羽・田中要次・マギー・濱田マリ・西田尚美・唯野末歩子・妻夫木聡・玉木宏・三浦哲郎・近藤公園・金子貴俊・相川(猫田)直・上野樹里・貫地谷しほり・平岡祐太等等、作品数が7本ということを考えると、この量は不思議。多分現場が楽しくて、映画って面白いんだと役者さんに感じさせるなにかをもってるんでしょうねえ。

後、私の思い込みかもしれないんですが、深津絵里さんが「学校の怪談」に出られてから、松重豊さんが「アドレナリンドライブ」でターミネーター役をやられてから弾けたというかお茶目なコメディーに進出されるようになったと思ってるんですが、気のせいでしょうか?

「ひみつの花園」には、西田尚美さん・利重剛さん・加藤貴子さん・角替和枝さん等が出演されておられて、前述した役者さん全てが出演されている訳ではありませんのであしからず。

作風の特徴は強引なところ、SGの駐車場での演奏シーンは、監督自らリアリティよりも気持ちいいほうを選んだと述べている位、整合性よりも感性を重視している。テンポがよくて、シャキシャキ進むうえに、上映時間は短く抑えてくれるので、ストレスなく見せてくれる。

本作品は、低予算でつくられたと言う事、泳げない西田さんに水泳競技会で勝つお芝居をさせる無茶振り等の理由で、突っ込みどころ・粗の探しどころ色々と存在するのではありますが、映画作りが楽しいというような情熱がなんか感じられて好きなんです。

代表作はSGとWBなんだと私も思いますし「SG最高!」なんですけども一番好きな作品となると、「ひみつの花園」が一番なんです。

ストーリーの展開が楽しいんですが、脚本は、矢口・鈴木共作でつくられてます。矢口監督は、鈴木卓爾さんの書くものを評して「アイデアは面白いんだけどどうしてこうなるのかと、訳の分からないところが多い、だから自分がブレーキ役になった」といって言っておられますが、いやいやどうして、その後の矢口監督の本も充分ぶっ飛んでおられますよ。

叶うことならば、再び共作で「ひみつの花園」を超えるぶっ飛んだ作品を観していただきたいものです。

|
|

« *じゅるい | トップページ | つーか・ちゅうか・づら・だら »

3・DVD」カテゴリの記事

3・矢口史靖作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/14959362

この記事へのトラックバック一覧です: ひみつの花園:

» 貫地谷しほり [貫地谷しほり]
貫地谷しほりさんについて、プロフィールはもちろん、貫地谷しほりさんの出演情報など、貫地谷しほりさんの魅力に迫ります [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 12時01分

» 和久井映見がハイテンションお母さんに挑戦…NHKテレビ小説 [貫地谷しほり衝撃ニュースブログ]
10月1日スタートのNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の主要キャストが25日発表され、母親役の和久井映見(36)、父親役の松重豊(44)、弟役の橋本淳(20)、叔父役の京本政樹(48)がヒロインの貫地谷しほり(21)とともにNHK大阪放送局で会見した。... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 14時35分

» 『ドコモ』CM [貫地谷しほり衝撃ニュースブログ]
今週の母の日に向けてドコモでは『母の日バージョン』のCMがオンエアされています [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 14時09分

» 貫地谷しほりのプロフィール [女優☆貫地谷しほりの魅力]
2007年10月1日から放送される予定NHK朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』(脚本/藤本有紀) ヒロイン/貫地谷しほり [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 00時56分

« *じゅるい | トップページ | つーか・ちゅうか・づら・だら »